FC2ブログ

詞華集 (anthology)

時の流れにしたがい、一心に前を向いて生きてきた自分。 ふとしたことから、もう一人の自分を知った。まだまだ、いろいろな自分が潜んでいると感じ始めて・・・。


潤い

  1. 2018/08/15(水) 22:22:01_
  2. _ tb:0
  3. _ comment:0
乾いた土に水をもらう。

更にシャワーのように、水分を与えられる。


例えば、草木が生き生きとするように

花はその色がもっと冴えるように


心や身体が充たされるとは

そういうことじゃないかな。。。



絶好の場所で・・・

  1. 2018/08/08(水) 17:19:56_
  2. 呟き
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
神戸の花火を見た。

そのために出かけて行き、家の中で見ることにしていた。

家族が昨年引っ越して、初めての夏。

さて、その場所からどのように見えるかは、分からなかったのだ。

その前は、前の内のベランダで見えたらしいが・・・。

わたしにとっては、神戸の花火は初めてだし、楽しみだった。

観客に紛れてまで見る気力や元気はなかったので、よく見えたらいいなあ・・・という思いで。


いざ、打ち上げが始まると、真正面だった^^

部屋の灯りを消して、楽しんだ。

阪神高速の湾岸線?の灯りも絞ってはいたものの、どうしても視界に入ったが、

涼しい場所で、久しぶりの花火を堪能した。


今回は一人で見たが、来年は複数で見られたらいいな。


暑い日だった。。。

不安な日々を・・・

  1. 2018/07/22(日) 16:36:35_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
今年の暑さは、殺人的だと言われるが、厳しい状況で過ごされている方々は本当にお気の毒だ。

水害を目の当たりにしたことがあるが、大変な日々が続き、この暑さが追い打ちをかけるなんて、

ある人が、「地獄だ・・・」と呟いていた。

身体と心のケアが必要でも、とてもそんなことではなく、必死でその日を過ごしていることだろう。

慰めの言葉は何にも役には立たない。

大雨の前の日に

  1. 2018/07/08(日) 21:18:57_
  2. _ tb:0
  3. _ comment:0
以前から予定していたので、泊まりで出かけた。

仕事を早めに切り上げて、車で高速を走り、シティホテルで一泊した。

その日は、予想に反して雨が降らず、良かった。

夕食は外でゆっく楽しみ、ビールを少し飲んでほんのりした。

ホテルには、温泉ではないが浴場があり、ゆったりと身体の凝りを解せたようだった。

ちょっと意外な楽しみができた。


ベッドはツインではなく、ダブルで。

部屋が広く使えるかと思ったのに、それでも狭くて…それが物足りなかった。

寝心地は、触った感じよりも実際は良く、気持ちよく眠り、朝寝坊した。


ずっと雨だったので、車でドライブしながら、ある玩具博物館へ行った。

世界のおもちゃ、日本全国の玩具が集められていて、ゆっくり、のんびりと見学できた。

子どもの頃に遊んだりした懐かしいものもいっぱいあって、楽しい時間を過ごせた。


一緒にいて、程よい緊張と心地良さ、自分の奥にあるものを揺り動かされる嬉しさがある。

きっと、お互いにそうなんだと思う。。。


夏が来た

  1. 2018/07/01(日) 21:13:53_
  2. 呟き
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
蒸し暑い日が続いている。

自宅では、エアコンを入れずに過ごしていたが、今週はついに・・・我慢できずに着けてしまった。

そろそろ梅雨明けかな…

今年の夏は、どんなことがあるかなあ。

仕事と、余暇を楽しめたらいいけど。


貴重な休日に。。。

  1. 2018/05/28(月) 21:37:25_
  2. _ tb:0
  3. _ comment:0
少し前だが、仕事の都合で、土曜日出勤で唯一の休日の日曜日。

親しい人に逢いに行った。

連休に続いて、今回も、スカートではなく、デニム姿でハイヒールを履いた。

お気に入りになったらしい^^


何年たっても、お互いの感覚は変わらないようで、照れくささや戸惑い、安心感、その先に充足感がある。

程よい緊張感もある。

構えてはいないが、惰性でもない。


きっと、自然体に近いのかなあ。

似たもの同士だから・・・。

心穏やかな日

  1. 2018/05/13(日) 11:02:56_
  2. _ tb:0
  3. _ comment:0
その翌日の午後、親しい人に会い、夕方まで一緒に過ごした。

北野でイベントがあるというので、それを見に行き、それから、ショッピングやお菓子展を楽しみ、

スイーツを食べた。

一緒に居ると、心穏やかになれ、いつの間にか笑い顔になれる。

相手もきっと、そう感じているんじゃないかな。


こんな風に過ごせる機会はなかなか持てないけれど、前日から・・普段の生活を忘れて、

リフレッシュできた。


一時の・・・

  1. 2018/05/13(日) 10:24:50_
  2. 驚き
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
ゴールデンウイークの後半、初日から泊まりで家族の所へ遊びに行ってきた。

高速を走り、反対車線の渋滞を尻目に、案外スムーズに到着できた。


都会の人ごみの中を歩き、久しぶりの感覚を楽しんだ。

遅いお昼は、迷った挙句に「うな重」を食べた。ちょっと高めだったが、美味しかった^^;

それから、百貨店をぶらつき、あるショップで、

「ああ、これいいな」 「着てみたら・・」

「じゃあ、着るだけでもね」

コットンとリネン混の白のプルオーバー、Vネックでゆったりしていて、短めの袖を折り返すと

刺繍が見えて、ちょっと素敵だった。

結構いい値段だったが、まあ、せっかくだから買おう・・・と決めた。

お金を払おうとしたら、「買ってあげるよ」

「えっ、いや、いいよ。高いし。」

「もうすぐ、母の日だし、いいよ。」

何か、申し訳なかったが、甘えることにした。

 いつも、何か、買ってくれるんだな・・・  ありがとうね。。。


夜は、ご飯抜きで、外食を摂り、少しお酒を飲んだ。美味しかったな。

帰宅すると、ソファーにもたれて、一緒に録りためていた番組を一緒に見ていたら、眠気が。

時計を見ると、そろそろ0時が近くなっていた。

「じゃあ、寝るね」


『とてもいい日をありがとう。』

あっという間に、眠りにおちた。


怒濤の・・・

  1. 2018/04/29(日) 11:55:12_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
慌ただしく、戸惑いっぱなしの4月が終わった。

金曜日には、以前の同僚とのお別れ会があり、心の中にあった思いを吐き出し、

それを聞いてもらって、スッキリした。

ともかく、聞いてもらえただけでよかった。

「大変だね、酷いね・・・ 身体を壊さないようにね。できないことはできないって言いなさいね・・・」

そんな言葉をもらった。言ってもらえただけでよかった。

「ショックを受けて、ズド~ンと落ちこんで、少しだけ浮上した・・・」と言えば

「うん、浮上できてよかった。」

そんなたわいない言葉でもホッとできた。

それが、仲間意識なのかな。そう感じられただけで嬉しかった。


もう、離れてしまったことが寂しくも感じた。


仕方ないよね。

頑張ろう。。。

更に・・・困惑

  1. 2018/04/14(土) 16:09:01_
  2. 煩悩
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
二週間が過ぎ、日々時間に追われ、お茶を飲む余裕もないような状態で、

帰宅して、食事を済ますと、眠気が来て・・・、朝を迎える。

段取り不足や、不慣れなせいがあるとしても、あぁ・・・大変だ。

そのうえ、初めて聞かされた、今年度の予定の中の自分の役割に、戸惑っている。

何も聞かされていなかったため、とても、ショックが大きく、10日も過ぎたのに、まだ受けられない思いだ。


こういうことは、大人として、決まったことで変えようのないことなら、納得すればいいのだろうが、

ちょっと酷い。なぜ、予め、「上の人」が一言ってくれなかったのか。

腹を括ってやらなければならないのだろうが、やはり腹立たしい。

私には荷が重く、力不足なのに・・・。


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>



プロフィール

拈華微笑

Author:拈華微笑
自分は何だろう?
だから始めた旅・・・。先のことは分からないが、どこに行き着くのだろう・・・。
普段のわたしが居て、それとはまったく別の女に変わっていく過程での悩みや辛さ、喜びや楽しみ。自身の生き様を綴っていきたい。
いつまで続くのか、きっと女である限り続くのだろうか?

月別アーカイブ

FC2カウンター

« 2018 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード