FC2ブログ

詞華集 (anthology)

時の流れにしたがい、一心に前を向いて生きてきた自分。 ふとしたことから、もう一人の自分を知った。まだまだ、いろいろな自分が潜んでいると感じ始めて・・・。


好い日

  1. 2009/02/28(土) 19:30:09_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
深い霧の中を車を走らせた。峠を上ると青空が見えた。
また、しばらく霧の中へ・・・やがて、温かい陽射しに包まれた。いいお天気だった。
のんびりと、ゆったりと過ごせた一日。

いろいろな想いも、少しずつ昇華してきた。まだまだだけど、自分のことが見え始めてきた。
この数年間、一面に拘りすぎて、肝心なことがおざなりになっていたり、抑えていたことで歪みも生んだ。でも、この長い時間はとっても大切な時間だった、と思う。

「なぜなのか?」の答えは、「そうしたいから、好きなことだから。」

それで・・・終わりだった。全く簡単なこと、なのに・・・難しい答えを探し続けていた。

「わたしの好きなことば」のように、生きていきたい。。
スポンサーサイト

明日という日

  1. 2009/02/27(金) 22:22:10_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
うるう年の2月28日、その日が始まりだった。

それが無ければ・・・もしかしたら、わたしは存在しないで私の中で終えていたのかもしれない。

わたしが現われたこと、今はこれで良かったと思っている。

だからこそ、自分を見つめられたし、いろいろな出会いも出来たのだから。


う~ん^^ 人間臭さが生まれて面白みが出たとも言えるし・・・。

でも、しっかりというか、どっぷりと浸かってしまったのかもしれない。生みの苦しみもあった。

それで今の自分になれたと思えば、私に関わってくれた人々に感謝したい。。


さて明日が、新たな一歩になるのだろうか・・・?

一雨ごとに

  1. 2009/02/27(金) 06:29:19_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
春が近づくという。

二月ももう終わる。もうすぐ、あれから・・・10年がやってくる。


長かった、でも過ぎてみればあっという間でもあった。


その日、わたしは全く違う空間で時間を過ごしたい。。

あなたは知らない

  1. 2009/02/26(木) 23:58:06_
  2. _ tb:0
  3. _ comment:0
あの頃とは変化したわたしを知らないでしょう。。

もっと、貪欲で、もっと・・・自由奔放なわたしを。


わたしは、あなたがどこにいても、気づいてしまう。


でも、今度こそ・・・近づきはしない。


いつか、もしいつか・・・・あなたが、わたしをどんな形であれ求めてくれる・・・・・その日、

その時までは。


あなたは、あなたのままで。

わたしは、わたしらしく生きる。

今でも

  1. 2009/02/26(木) 20:35:53_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
今でも、そしてこれからも、きっと・・・ずっと・・・・・・。

彼が好きだなあ。そう、わたしが一人で決めている^^


彼の笑顔をいつか見てみたいな。。

見守る

  1. 2009/02/26(木) 06:51:47_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
再び見えなくなってしまった。

でも、わたしの思いは自分で判った。


だから、応援しています、あなたが、楽になれますように。

笑顔でいられますように。。


そうだった、NO1ではなくてONLY1。 だからこそ、拘ったのだと思う。

ありがとう。。。

熟睡

  1. 2009/02/26(木) 06:19:46_
  2. 呟き
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
よく眠った。

ウトウトもあったけれど、「寝る」ときめこんだ一日だった。

これで、トンネルを抜けられたかもしれない。

今日は仕事。週末に向けて頑張ろう。

胃にきてたので、コーヒーが飲めなかったが、今朝はどうかな?


体力を戻さないと、行きたい場所に行けないから。


同質と異質?

  1. 2009/02/25(水) 17:49:52_
  2. 煩悩
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
文字の関わりを通して気づかされ、体感した感覚。

それは、次第に研ぎ澄まされていった。一枚目の扉である。

あるとき、彼は二枚目の扉に手を掛けようとした・・・。が、とても重くて動きそうには無いと

思えたのだろう。わたしもそう思っていた。

しかし、彼が気づいた通り・・・なのか、わたしの中には「有った」のだ。

潜んでいたことは何となく解かっていたが押し込めていた。そのことに気づいたから、彼と話してみた

かった。どんな見解が聞けるのか、ひとり楽しみにしていた。

でも、そこまでの会話は続かなかった。


まだまだ、底は深い・・・・・。

休暇

  1. 2009/02/25(水) 12:41:40_
  2. 煩悩
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
休みをもらった。こんなに寝たのは久しぶりのようだ。

何も考えずに眠ろうとしても、なかなかそうはいかなかった・・・。悪寒が治まったので、眠り始めたのだっただろうか?いろいろなことがフラッシュバックしてしまう。
それを断ち切るために、敢えてしたことなのに・・・。
また傷付けてしまったことをあやまりたい。きっと、判っているはず。
悩ませてしまった。文面には苦悩も表れていた。近づけば惹かれあうことはわかった。
それで納得するしかない。

もう、この場所でしか書くことは出来ないから・・・。
ごめんなさい。

収束

  1. 2009/02/25(水) 00:28:28_
  2. 呟き
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
しばらく寝たものの、どうも様子が優れず、吐き気をもようしたので病院へ。
インフルの検査をしたが、陰性だったのでホッとした。
もう何年も、内科にかかったこと等なかったのに、こんなことでは・・・。
思えば夏には酷い貧血症状があったっけ・・。今は大丈夫だとは思うが。

わたしのなかの激しさは、自らの「決着」のために少々・・力を使いすぎたらしい。
滅多に無いことだが、自虐傾向もあるらしい。

しばらく、静かな元の私になれそうだ。
突っ張るわたしも、なりを潜めることだろうから・・・。

不調

  1. 2009/02/24(火) 16:55:58_
  2. 呟き
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
早く帰ってきた。

今日は精神が身体に勝てなかった・・・


正直に現われる。


眠りたい・・・・・

  1. 2009/02/24(火) 03:22:22_
  2. _ tb:0
  3. _ comment:0
旅人達はそれぞれの道を歩いていた。互いの二本の道が交わった。挨拶をし、好意を持った二人はいつしか離れ別々の方向に向いて歩いた。そのうち、旋回して再び近づいた。
その時彼は気づいていた。しかし、彼女は気づかないままに時を過ごして来ていた。
いや、気づいていながら認めたくなかったのだ。既に、それらの道には段差がついていたことを。もう、自分の力だけではそばに寄れないことに気づくまで、手を差し伸べてもらえなければどうしようもないことを思い知るまでに、時間が掛かってしまったのだ。

一度違う道を進み始めると、姿は見えなくなる。もう、出会うことはないに等しいかもしれない。
でも、人の世には不思議なことも起きる。それが、運命。どんな出会いも、繋がりも必要なものならば、また・・もあることだろう。
彼女は、彼のことばに表れなかった気持ちを胸に、自分の思いを心の奥に終いこんで、新たな旅に出ることにした。
感謝の念と、自戒。それらとともに持ち合わせている、願望や欲求を求めながら、再び歩き始める。
自分の人生を生きるために。

贈ることば

  1. 2009/02/24(火) 02:04:34_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
ありがとう。

そして、やっぱり・・・ごめんなさい。

貪欲さ

  1. 2009/02/23(月) 22:02:27_
  2. 煩悩
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
見た目からは感じ取れないもの。一番に気づいた人。

それを引き出しかけたままに・・・離れた人


わたしにとっての何・・・なんだろう?


わたしは、ズルイ女。悪い女。 

でも、今・・心に嘘はついていない。

おはよう。。。

  1. 2009/02/23(月) 06:21:05_
  2. 呟き
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
週の始まり。

寝不足だけど、頑張ろう。

まだ、見えないことだらけ。

でも、一つずつ見えてくることだろうから、一歩ずつ・・・前へ。。


よく眠れましたか? いい目覚めですか?

そばに

  1. 2009/02/22(日) 19:57:17_
  2. _ tb:0
  3. _ comment:0
そばに・・・側に・・・傍らに・・・

置いて欲しい。

そう願っていた。


だから、そばに・・・置いてください。。

ありがとう

  1. 2009/02/22(日) 03:27:28_
  2. 呟き
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
ありがとう・・・大好きな人

ありがとう・・・優しい人


感謝です。

前へ

  1. 2009/02/21(土) 21:15:16_
  2. _ tb:0
  3. _ comment:0
これまでも、ただじっとしていたわけではない。

今日から、また一歩前へ進もう。



わたしは今・・・幸せだと想っている、だって・・あんな素敵な人に出逢えたのだから。


ず~っと、大好きです。。。

信じきる

  1. 2009/02/21(土) 20:28:02_
  2. _ tb:0
  3. _ comment:0
ずっと抱えてきた想いは自分のもの。

相手がいて始まる想い、でも自分の中にあるもの。

今の自分で思いっきり心が震えた。それが真実。

悔いはない。。

今も、これからも・・・・・。

幻じゃない

  1. 2009/02/21(土) 16:43:21_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
わたしが描いた夢は・・幻だったのだろうか・・・。

思いもかけぬ展開。そこまで考えてはいなかったのに・・・。

ことばを交わしたかった、それだけだったのに。


また、傷付けてしまったのだろうか?


でも、真っ直ぐに伝えた。自分のことを。隠すことなく、誤魔化さずに。

そうできたと思う。

今こそ・・・?

  1. 2009/02/21(土) 10:50:12_
  2. _ tb:0
  3. _ comment:1
思っていること、心の中に抱いていること、妄想・・・。

それらを伝えてもいいのかもしれない。 そして・・・  の先は考えないままに。

自由に、楽になれるように、話したい。伝え合いたい。 そう願ってきた・・・わたしは。



でも、どうだろう・・・・?

まだ、まだ、かもしれない。

そう・・・まだなのかもしれない。

巡り会う奇跡

  1. 2009/02/20(金) 21:58:43_
  2. _ tb:0
  3. _ comment:0
不安定なわけじゃない。辛いわけでもない。

でも、何だろう・・・落ち着かないようだ。


欲しているものがある。求めたいことがある。

ただ、焦っても意味がないし、変化するかもしれないから、ゆっくりでいいはず。

そんなこと分かっていても・・・・・

触れたい、話したいと思ってしまう。。。



昨年大ヒットした「愛のままで・・・」を聴いた。
まだ、歌ったことはないが、メロディが美しく、詞が心を打つ、オトナの曲。
いつも泣きそうになる。

本当に、いい歌だと思う。。

霙まじり・・・

  1. 2009/02/19(木) 22:04:00_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
寒いと思ったら、雨は霙に・・・やがて雪に変わった。

ここ数日は、眠れない夜を続けた。宵の口、強い眠気が来て、深夜は瞼は重いのに、気持ちが高ぶっていた。

いろいろなわたしがいる。本質は変わらないだろうが、現われ方が異なる。
違う姿は、誤魔化すためではなくて・・・切り替えだと思う。
ずるいと思われようが、それでバランスを取ってきた。一人で丸ごと・・・なんて無理なのだろうと
感じたころから、「分裂」したのかもしれない。

柔らかく温かい面と、頑なで冷たく切り捨てる・・面がある。
一途かと思えば、真逆に見えるようにも感じられるだろう。

そんな、一見矛盾だらけの落差を持ったわたしだから、「誰かわたしを知って欲しい。解かって欲しい」と叫んできた。
冷静と言われるわたしが、唯一、心を乱した相手・・・。
彼のことは、知りたいと思った。底まで見てみたいと思った。

恋心はあるが、少し落ち着いている。

少し離れたところから自分を見れるようになったから。


身も心も・・・溺れてみたいものだ。。。


30分

  1. 2009/02/19(木) 06:55:30_
  2. 呟き
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
おはよう。。。  朝ですよ^^

目覚めて頭が働き始めるのに、30分掛かる。身体の目覚めかな?

コーヒーを淹れて飲む、朝の時間が好き。少しずつ、身体の目覚めを感じながら、今朝は・・・。

心が軽くなれてきた。

いろいろな顔、想い、それをうまく、調整・・・ことばが変かな、入れ替えることができると

自分らしさを出せる気がする。



ともかく、今日も元気で。  風邪を引かないようにね・・・・・。



大丈夫だから。距離感に気づいたから。

きっと・・・大丈夫。

霧の向こう側

  1. 2009/02/18(水) 20:43:02_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
深い霧の中を、ずっと彷徨うように歩き続けてきた。

時には、晴れる日もあったが、再び戻ってしまっていた。そこに戻ると、苦しいけれど見渡せないから見たくないものを見ずに済んだ。だから、そこに居たのかもしれない。
でも、強いジレンマを抱えていた・・・・・。

今、そこから抜け出したのかもしれない。
自分の求めるものが何なのか、そのためにはどうすればいいのか?
心にある想い。それがあるからこそ解かったことがある。そしてそれだから、見えなかったこともある。新たに、気づいたこと。そう、まるで・・・憑き物が落ちたかのように。

今はそう思えている。。

雪の朝

  1. 2009/02/17(火) 07:36:05_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
ちょっとそこまで、と思って外に出たら・・雪。

雪が舞っている、寒くなったはずだ。

まだ、春の雪ではないのかな?明日の朝はどうなっているだろうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
夜が明けて・・・・・。辺り一面雪化粧の朝。。

何かを感じている、私の心。

あの雪の朝・・・感じた心の動きは、また戻った。

わたしの想いは・・・あの場所にある。

風が吹いたら何処に運ばれるのか?

ずっと、解かっている。解かりきっている。




これが、私の弱さ。


ごめんね、わたしはわたしでしかない。


震えと疼き

  1. 2009/02/17(火) 02:26:03_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
どうしようもなく・・反応してしまう。

心に響き、身体が震え始める。そして、甘くせつない疼きになる。

また時には・・・身を捩るほどの欲望を引きだす。。


彼のことばには、そんな魔力がある。。。

逆戻り

  1. 2009/02/16(月) 17:51:33_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
風が冷たくなった、また冬に戻った。

でも、確実に春の足音は聞こえ、目に見える。

今日ふと、桜の木に目をやると、いつの間にか・・・もうずいぶん蕾が膨らんでいて。
咲くのはまだまだ先とは言え、何だか嬉しくなった。

春がきたら・・・と思っていた。
まだ、しばらく掛かりそうだけど、少し前に進めた自分がいる。

心は行ったり来たりしたけれど、実は変わってはいなかった。
伝わる人には伝わるもの。
今もその思いも変わってはいない。
この数日のように、ふと逆戻りにみえることも、確実に時を刻みながら・・・進んでいるのだから。

たったひとりの・・・ずっと大好きな人。





堕ちた瞬間の心地良さは、今も胸に残ったまま。。(笑)








爽やかな風

  1. 2009/02/16(月) 07:30:07_
  2. _ tb:0
  3. _ comment:0
週の始まり。

いい週末だった。これからも、前向きに生きたい・・・と思う。


風邪を引かないように、気をつけてくださいね。

大好きなあなただから。^^




いつか、ふわっと、あなたの心に吹き込む風となって・・・

また、逢えますように。。。

大声で・・・

  1. 2009/02/15(日) 17:22:51_
  2. 迷い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
はっきりしない何か。 見えてきたもの。

もやもやした・・・迷いや欲望。
 

いったいどうしたいの?わたしは



わたしの根っこを掴まえて・・・・ 抱きしめて欲しい。。。


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>



プロフィール

拈華微笑

Author:拈華微笑
自分は何だろう?
だから始めた旅・・・。先のことは分からないが、どこに行き着くのだろう・・・。
普段のわたしが居て、それとはまったく別の女に変わっていく過程での悩みや辛さ、喜びや楽しみ。自身の生き様を綴っていきたい。
いつまで続くのか、きっと女である限り続くのだろうか?

月別アーカイブ

FC2カウンター

« 2009 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード