FC2ブログ

詞華集 (anthology)

時の流れにしたがい、一心に前を向いて生きてきた自分。 ふとしたことから、もう一人の自分を知った。まだまだ、いろいろな自分が潜んでいると感じ始めて・・・。


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--_
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだ・・・

  1. 2009/06/30(火) 15:17:59_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:2
胸がドキドキする、身体が熱くなる・・・そんな感覚。


わたしはまだ変わらない。

文字を読むと・・・好きだなあ~って思う。


でも、心が揺れることもある。頭がぼーっとする・・・そんな症状。


わたしの小さな変化?

嬉しいなと思う、心強く思える。



そんな風に、ゆらゆら揺れながら・・・少しずつ変わっていくのかな?



今はただ、自分でもまだわからないまま、彼を探しているようだ。。

スポンサーサイト

雨上がりの朝

  1. 2009/06/30(火) 08:12:58_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
雨は上がった、一安心だ。

休みをもらったが、肝心な人は体調不良、整形外来は無しに、内科に変更か・・・(大汗)



真夜中・・・眠れずに雨音を聞いていた。

見知らぬ人に言われた、無責任なことばが頭のなかを回っていた、気にする必要はないと判りながら

も拘っていた。


気にしなくてもいいのに、まだまだ・・・だなあ。


「いろいろな」まだまだ、である。


足掻いているのは仕方がない。じっとしていられないのだから・・・。

複雑な思いになるのも、当然のこと。相手がいるのだから・・・。

眼を伏せて、嵐が過ぎ去るのをじっと待つ。そんなことはできない。


「いろいろな」好きがある。

好意を持った好き、親しみを込めた好き、喜びを感じる好き、心を癒される好き。

いろいろな・・・好きが、大好きになっていく。


「いろいろな」愛がある。

親愛、人類愛、夫婦愛、・・・から、もろもろ。


でも、好きで好きで堪らないのは・・・愛ではない。

相手を大切に思うならば、自己を殺すことも愛だと思う。


自分よりも、相手。そう思ってきた、だから、わたしのは・・・『愛ではない。』








独り

  1. 2009/06/30(火) 00:40:35_
  2. 呟き
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
こんなわたしは、独りが相応しい。

何処にも行けない。

戻ることも、進むこともできない・・・。


独りでいれば、誰も傷つかない。

降り続く・・・

  1. 2009/06/29(月) 21:02:02_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
今朝からの雨は、昼間いったん止んだものの、再び降り続いている。

河川の増水で、今夜も降り続けば心配だ。

明日は仕事を休んで、病院に行く予定にしている。付き添いだが、場合によっては無理かも・・・。

これまで、10年に一度・・・氾濫を起こしている河川なので、そろそろその時期が来ている。

今週は雨続きらしいし、ともかく無事でいられますように。

雨の月曜日

  1. 2009/06/29(月) 07:13:43_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
週末は何とか上手く過ごせた。

今日は荒れ模様のお天気。あなたの場所は晴れみたい。


心にほんわかとした想いを抱えて、好きなままに過ごす。

風船のように、自由に・・・ふわふわ・・・・・。


萎んでしまうまで。

でも、わたしは大丈夫。

心に花があるから。。

想い

  1. 2009/06/28(日) 17:09:09_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
少し、落ち着いている。

雲の上をフワフワと漂っている感じ。

少しでも重苦しさを感じたら・・・そこから離れられる自由さの中に居る。

こんな身勝手なままに、日々を過ごしている。


この状態では当分このまま・・・。



そうそう、わたしは眼鏡が好き。自分も掛けるけれど、眼鏡フェチかも^^

クールさが好きだからかな?

冷静のなかの情熱・・・がいいな。

自分が単純なくせに、解かりにくい人を求めたりする。

自分の中の・・・陰な部分が惹きつけられるのだろう。でもそれで幸せなのかどうかは・・・?^^;


やっぱり、変わり者だと思う。

穏やかな一日

  1. 2009/06/27(土) 20:06:49_
  2. 呟き
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
週末の土曜日。ここしばらくは、精神的に疲れることが多かったのだが、今日は心静かで穏やかな日だった。

わたしの不安定の要因の第一は、やはり決まっている。

休日がその役目をしなくなると、苦しくなる。
頭で仕方ないと思っていても、理屈に合わないとストレスになる。そうなると・・・先の見えない思いに駆られる。
自分の脆さとか、二面性を感じて、わたしは偽善者だなと考えたりする。

その状況から脱すると、つまり状況が落ち着くとそんな不安定さは消えてしまう。
なのに、予兆が見られた段階で・・・先ばしってしまう。

そんな時、自分の心も病んでいるなあ・・・・と感じる。

衝動的に怒りが込み上げることもあるし、逆に無気力になり、目と耳を覆いたくなってしまう。
見た目にはわからないが、心を閉ざした状態だと思う。
自分はオトナなのだと思いなおしてみるが、心の奥に燻った・・・何とも説明できないモノは・・・・・・・・おそらく、まだまだ・・・そのままに残ってしまうだろう。

自分には役目があると思っている。
誰しも何らかの役目を背負って生きているのだと・・・。

だから、受け止めてきた、十分ではないけれど・・・・・。

これからも、来るものは来る。起こることは自分に何とか背負いきれる事なのだ。

それが、人の人生。。

ふと目覚めて・・・

  1. 2009/06/27(土) 09:21:51_
  2. 煩悩
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
最近は、一人で眠らないことが増えた。が、真夜中から一人になることもある。

昨夜はそうだった、すこし寝たあと一人になった。週末だから、気持ちも緩んでいたからかもしれないが、目が覚めた。
ネットに繋ぎ、言葉を覗いた・・・。
彼のページにはことばが付け加えられていた。何か変化があったのだろうか?
愛する人・・・の文字。
わたしには愛する人は居ない、と思っている。

心は何処に向くのかもわからない。

方位磁石の針が回っている状態から、ゆっくりと方角を指そうとする・・・。
不意に、一歩・・・二歩・・・動いて、また針が動き始める。 そんな状態だろうか?


そんな深夜、話してくれる人を求めてしまった。
寂しさや、心細さにじっと耐える・・・ことは出来ないみたいだ。


星空

  1. 2009/06/26(金) 22:39:52_
  2. 呟き
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
宵の口、空に浮かんでいた月は、姿を消した。

犬の散歩にと、玄関を開けたら、ひんやりとした夜風が・・・。あ、涼しい・・・。

真っ暗で足元も見えない。携帯で時折照らしながら歩く。

空には星が見えた、辺りにはその瞬きを遮るものはなく、暗い山の向こうに月は隠れたのだろうか?

久しぶりにこんなことを綴っている。昨年はもっと・・・空を眺めていたなあ。


彼は元気なのかな?

『知らん振り』

先日来のキーワード、これってことばのもつイメージで思い違いをしそうだが、見て見ぬ振りをするではあるが、見守る、ということなのだろう。
だから、そのスタンスは変わっていない、ということ。

姿は見えないままだから、全く分からない。

考えすぎないようにしたい。。

わたしは、日常で・・・ちょっといいじゃない~っていう存在を見つけた。
たまにあること、訳ありになったら大変、色恋などではないのだから。
会話も仕事の会話だけなのだし・・・。

ネットでは話し相手がいる。遠くの方だが、ことばを繋げるのは楽しい。
そこから先は・・・有るのかどうかはわからない。

そうやって、バランスを取っている。
もう、どっちつかずだなんて思わないことにする。そうでないと自己嫌悪に陥るから。

少し心を休めたいのかな、わたしは・・・。
ああ、でも。 そう・・・堕ちるのは一瞬・・・だものね。

今夜はこんな気分。。^^





  1. 2009/06/26(金) 07:13:10_
  2. 煩悩
  3. _ tb:0
  4. _ comment:2
おはよう。。

連日の暑さと慌しさで、夜・・漂うものの眠くなるので『助かって』いる。


距離は測る事すらできないまま・・・・なのですよ。一度そうかもしれない人と話して以来、少しだが覚悟が出来たのかもしれないと思っています。
まだその場所を離れるつもりは無く、会話はしたいと思っていますが・・・・・^^;;

自分の中にあるものを、自然に鎮められるかどうかは判りませんけど、ゆっくり・・・・いきます。
また週末になると、揺れるのかもしれないけれど、「知らん振り」のためには、そのための場所にいくことなのでしょうね、今は。



鏡は自分を映す。
思い出したくない自分の姿を映し出す存在は、息苦しいだけ・・・・・。
ことばが伝わらないって、シンドイ。
だから、余計に拒むんだなあ、と実感する。

きっと、以前のわたしのように・・・。

バイオリズム?

  1. 2009/06/25(木) 21:10:14_
  2. 煩悩
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
詳しい意味もわからないけれど、「波」がある。

自分の周りの状況、気持ち、身体・・・。


負のエネルギーが増幅するのか、しんどい事が重なってしまうことがある。

どうして・・・こんなにいろいろ起きるの? えっ、こんなことまで? 

嫌になることも何度もあった。

でも、仕方ない・・・と開き直った。 時間は逆戻りしない。 それが全て。。


人は気休めだとも思えることばを言う。しかし、時には気楽に考えればいいのだと思わせてくれる。

解かる人には解かるし、解からない人には無理。だから、そんなことばは流せばいいのだ。


自分が潰れないように。

一筋の…なんだろう、望み?願い?  それも違うかな・・・。

一握りの思い・・・、元気を与えられる想いを自分の中に持つことなのかな。


そのうちに上昇するまで。

上昇は僅かで、また下降するけれど・・・ね。




 

真夏日

  1. 2009/06/24(水) 07:38:59_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
今日も気温上昇の予想。ぴったりの予想だろうか?

昼前には、外に居ないと・・・・^;; ああ、暑いだろうな。

しっかり日焼け止めを付けていないと大変だ・・・。


相変わらず、どうしてるのだろう・・と思ったりする。

文字を読み、近づけないと判りながら眺めるだけのこと。

わたしが、行かない時間に・・・きっと、漂っているのだろうな。それが、観える。


わたしが、会話をしていても、時間をやり過ごしているだけ・・、と指摘された。

何のために、居るのか?


ああ、でも、遭遇するためだけに居るのではない。

先のこと、自分の変化も・・・今の自分では、想像できないから・・・。


彼が居るだろうから。は一つの要因。だって、必要とされているかはわからないのだから、である。


まだまだ、わからない・・・わたしの心。



お元気ですか?

  1. 2009/06/23(火) 07:21:37_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
久しぶりに足跡を発見しましたよ。

その後、お変わりありませんか?心を休める時はありますか?

ほんの少しでも・・・そんな時間がありますように。


一人で抱えすぎないでくださいね。。

雨と雷鳴

  1. 2009/06/22(月) 11:41:11_
  2. 驚き
  3. _ tb:0
  4. _ comment:2
夜中、1時も回ってしまい、酔った意識のまま、家族と会話をし2時頃だったか眠っていた。

何も考えることなく眠りに堕ちたのは久しぶりだった。

突然、ド~~ン!

物凄い音で、眠りを破られた。めったに無いような衝撃だった。

雨音も強く、停電をした。

しかし・・・・・その後、わたしはまた何事も無かったかのように、眠った。^^;

朝からも、降ったり止んだりの雨模様。梅雨だなあ~


代休の今日、こんなお天気でも気分は軽い。

午後は久しぶりに妹に会って話そうかな。

気持ちよく・・・

  1. 2009/06/22(月) 10:21:20_
  2. 呟き
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
昨夜の反省会、いや慰労会は楽しいものだった。

コース料理で、2時間の飲み放題。生ビールに焼酎の水割り、チュウハイ。

3つ目はほとんど、飲まずに時間になったが、ほろ酔いより、もう少し酔った状態。


久しぶりに心地良い酔いだった。話しながら、よく笑い・・・ざっくばらんに過ごせた。

2次会は、7人でのカラオケ。わたしも2曲歌った。


その後は、同じルートの女性の方に送って貰った。


さて、その気になる存在とは、そこそこ話をした。もちろん雑談で・・・。

年齢に触れると・・・ああ、わたしより3つ若かった^^;

正直に自分の年齢を言うと・・・

そんなふうに見えないね。そこまで、言わなくていいのに(苦笑)


お互いに酔っているからつい、こんな会話もできた。それだけのこと。


ああ、よく酔った・・・・・。


父の日

  1. 2009/06/21(日) 07:22:57_
  2. 呟き
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
この日は、毎年仕事。

夕方まで仕事をして、その後は、今年度の新メンバーでの反省会の1回目。

まだ、あまり馴染みがない方と話せるかな?と秘かに楽しみにしている。


実は、ちょっと・・・好きなタイプなのである。クールで、シャイに観える^^


そんな対象には、近づくことが出来ない質。固まってしまう・・・



さて、どうなるやら・・・・・。

目を背ける

  1. 2009/06/20(土) 22:04:25_
  2. 煩悩
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
哀しくなる。

伝えたことばは、受け止められず、違ったように解釈されるのか?

無理なことは無理。そう伝えたし、心の中に想いがあることも、仕方ないこと。
はっきり言っても判らないのか?



そうやって考えてみると、彼から見るとわたしの姿は…同じだったのか?

目を背けたいほど、
拒絶したい存在になっていたのか?


わたしも…彼から見れば…同じ。

濃い・・・種族  ー壊れた心ー

  1. 2009/06/20(土) 19:28:33_
  2. 煩悩
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
ある方のことばから、全くそうだと共感した。


自分の快楽を突き詰めようとする質の人を言うようだ。

壊れた心を持つ人というのは、貪欲さを同時に持つ人らしい。だから、プラスアルファを求める。


よくわかるな・・・。

厄介なのはそこに、阻止しようとする力が生まれることである。

また、冷徹さを持ちながらも、柔らかさを持ち、戸惑ってしまうこと。

自らが求め、進むべきだが、その場合には「引き」は必要だと思う。

そうでなければ、一気に…はいけない。




今ふと思い出した、ずっと以前に、彼から「すぐに深くは難しい。そして、・・・・一気に。。」

そんなことばを受け取っていたことを・・・。



起きる変化

  1. 2009/06/20(土) 09:53:47_
  2. 呟き
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
言葉に色がある。
好きな色や、自分に「似合う」色がある。


会話に空気がある。
深呼吸できたり、リラックスできて、身体の活性ができる心地良さがある。


声に響きがある。
囁く音に心が震え、身体が熱くなる。感性を擽り、呼びかけられる音には
官能を引き出される。


自分の性を思い知る・・・。


                              - SNSより転記 ー

晴れた朝

  1. 2009/06/20(土) 08:53:05_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
夜更かしをした。朝寝坊のつもりが、いつものように起こされてしまった。

いいお天気だなぁ、一昨日の気分を引きずっていた昨夜だった、ことばをここに綴る気力が無く、続き
を書くのは止めた。

会話をして、次第に心が解れていった。

自分の矛盾、疑問、立ち位置、想い・・・・・これまでも、旋回してきたことだが、何かふっと楽になったように思えた。

前夜、交わしたことばの中にあったキーワードには、やはり理不尽さもあるということ、事実もあったこと、そしてこれからわたしはどう進んでいくのか?と考え始める時期かもしれないということ、それらを感じた。

まだ、それだけ。

ただ・・・自分の中の弱さを見つめながらも、強さを信じるということなのかな・・・・って。

昨夜

  1. 2009/06/19(金) 07:31:51_
  2. 迷い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
疲れていた。

仕事から帰った後、出かけて・・・諍いをした。

再び、同じ失望感を味わっていた、だから、文字を書いた。


宛ても無く、しかし・・・漂ってみた。

何となく、それらしい人との遭遇があった。来訪である。


認識と転換。


キーワードは、・・・・知らん振り・・・好きか嫌いか?

                                          

意地っ張り

  1. 2009/06/18(木) 23:33:56_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
必要以上気を遣わない図太さ。

引っ掛かりがあれば、追求しようとする、我の強さ。


今までのわたしではない。

確かに、変わった・・・心も、 身体も??


自分と付き合うしかないから。。

勇気なし

  1. 2009/06/18(木) 21:40:02_
  2. 迷い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
見つけた。あの場所に・・・。

でも、近づく事はできない。 やはり・・・・・


罪だから。

ここで、綴ることで、縋っているのでもない。


綴ったからって何も変わらない。


貴女、誤解しないでね。



近づけないわ、もう・・・・・。

佇む

  1. 2009/06/18(木) 07:44:33_
  2. 煩悩
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
久しぶりの場所で、佇んでみる。

以前とは違う姿で。

やはり、探してしまう・・・でも、見当たらないし、入ることもできないだろう。


前に話した方と遭遇した。

あら、実は・・・・と話して落ちた。その方は、その後如何ですか?と聞かれた。

今も変わらずに・・・だから此処にいます、と伝えた。

頑張って。。 との言葉、でも、頑張りようがないのよ・・・・と呟いた。


時間が過ぎても、関係ない。

想いを剥がすことはできないから、上書きするとしても・・・今のままでは無理。


まさに・・・・・あるとき堕ちるもの。。 だと思うから。

やっと・・・

  1. 2009/06/16(火) 21:14:30_
  2. 呟き
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
ここに戻ってこれた。やはり、どこか寛げている。

コメントもアップできるのでやれやれ。


携帯からのアクセスは、しんどいと再認識した、しかしこの一月あまりで、再びキーのプッシュは

速くなったようだ^^;


今日の夕方のことだったので、今は新鮮な気持ちでいる。

気に掛かっていた場所に入ってみた。先日の彼女の言葉が頭から離れない。

ともかく、のんびり・・・自分が納得すればいいことだから。


わたしも、彼女に辛らつなことばをぶつけてしまった、もう修復不可能かもしれないな・・・。


すこし、余裕のある今夜のわたしではある。

電話

  1. 2009/06/16(火) 14:56:10_
  2. 呟き
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
深夜、寝付けず、前日の提案を受けて、会話をした。3時間を過ぎていただろうか?

いろいろなことを話した。文字でのやり取りで話は合いそうだったので、躊躇は無かった。

同年代、東京の方。
とても辛い過去を持っていたことを知った、恋人との別れ。


慰め合うのではなく、対話をした。
話し相手であり、友人になれればいいのかな。

またその文章を読みたい。


想い出をやっと綴れそうだ…と言われていた。



わたしのこの場所はどうなっていくのかな?


あぁ、眠い…

病院

  1. 2009/06/16(火) 11:01:16_
  2. 呟き
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
関東は大荒れの朝だった模様。こちらは、快晴。


病院に居る。家族の付き添い、MRI撮影と診察のため。

撮影が終わるのを待ちながら書いている。

その後、症状が改善されないどころか、痛みに加えて、痺れや麻痺を伴っている。

前回の手術同様に、こんな結果を予想はしていなかった。

本人の辛さはなかなか消えないし、先々のことを考えると気が滅入るのは当然だ。

また、そうなると必然的にわたしも苦しくなる。

画像でどう映し出され、どのように診断されるのだろうか?

お湿り

  1. 2009/06/15(月) 21:00:05_
  2. 呟き
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
日が暮れる前に雨が少し降った。

今日は陽射しは強かったが爽やかな風も吹いていたので、まさか雨が降るとは。

昨夜は、複雑で悔しくて眠れなかった。

何に腹を立てていたのだろう?


誰かと話がしたかったが、それはできない状態。


無性に声が聞きたかった、いったい誰の声を?


誰も居なかった。布団を被っていつの間にか…寝ていた。


朝、昨夜の日記を察したメールが入っていた。会話の誘いだった。(汗)


ああ…でも、これで良かったのだと思う。

  1. 2009/06/15(月) 10:18:16_
  2. 迷い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
傷つけること、傷つくこと。

わたしは、表裏一体だと思う。


激しい言葉、辛らつな言葉、静かな怒り、冷ややかなコメント。

誤解もあるだろう、思いこみも有るかもしれない。


言葉は難しい。

わたしは、ほんの少しならばいいかなと思った。

自分なりに、時期を観たつもりだった・・・・でも、早計だったのか?


独りよがりの考え足らずの行動だったのか?



罪?

  1. 2009/06/14(日) 23:45:43_
  2. 迷い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
短いメッセージを入れた。ご挨拶と少し…


彼女に話した。


彼女は呆れたようだ、浅はかだと。


してはならないことをしたようだ…わたしは


ただ、わたしも考えた。そして、決断した。



あの場所には、もう行かないほうがいいのだろうか?


追記


わたしは、彼女に言わせると、ストーカーなんだそうだ。



あ…ぁ、そうなんだって…

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>



プロフィール

拈華微笑

Author:拈華微笑
自分は何だろう?
だから始めた旅・・・。先のことは分からないが、どこに行き着くのだろう・・・。
普段のわたしが居て、それとはまったく別の女に変わっていく過程での悩みや辛さ、喜びや楽しみ。自身の生き様を綴っていきたい。
いつまで続くのか、きっと女である限り続くのだろうか?

月別アーカイブ

FC2カウンター

« 2009 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。