FC2ブログ

詞華集 (anthology)

時の流れにしたがい、一心に前を向いて生きてきた自分。 ふとしたことから、もう一人の自分を知った。まだまだ、いろいろな自分が潜んでいると感じ始めて・・・。


一先ず

  1. 2009/10/31(土) 14:35:49_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:2
外来診察を済ませて戻った。

検診の結果は、アウトではなかった、ホッとした。

癌ではありません。しかし・・・3ヵ月後に受診して下さいね。


正確に言えば、0パーセントではない。ということなのだろう・・・。

まずは、一安心した。

スポンサーサイト




分かれ道

  1. 2009/10/30(金) 20:40:45_
  2. 呟き
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
ありがとう、支えてくれたこと

ありがとう、受け止めようとしてくれたこと

ありがとう、向き合ってくれたこと

きっと・・・一緒に泣いてもくれたよね


ごめんね、困らせたこと

ごめんね、戸惑うことばかりで

ごめんね、共には生けない

きっと・・・あの時から、道は分かれたのだろう



わたしの業は、どこまで・・・行くのか?


            この身が朽ち果てるまで・・・・・・


恋愛ジャンル

  1. 2009/10/29(木) 20:59:02_
  2. 呟き
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
ここのブログで、わたしのブログは恋愛ジャンルに入っている。

たまに足跡から、他を覗くと・・・ほのぼのとしてるものや、アツアツの関係をかいてある。

わたしのものとは似ても似つかないものばかり。

先のランキングで、何と一度だけ、「遠距離恋愛」でベスト10以内に居た時はもう・・・びっくり。


わたしはほんとに変わり者なのかなあ・・・・・?

こんなわたしでいいと言ってくれる人ではなくて、大失恋した人を想ってるなんて、いい歳をしてねえ。


恋なんかじゃないとか、執着だとか、独りよがりの自分本位とか・・・・・


もう・・いっぱい・・いっぱい考えたから・・・

               もう大好きのままにしかならない。


それだけは・・・このまま。。

ひたすら

  1. 2009/10/29(木) 07:13:04_
  2. 呟き
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
早くからひたすら眠った。

熱っぽかったし、何より・・気分が重く、何も考えたくなかった。


眠って、眠って.・・・目覚めては眠って・・・・明け方になった。


少しは楽になれた。


わたしはわたし、このまま。



ああ・・・週末がイヤだなあ。やはり、考えると怖いかな?


今日の日を頑張ろう。。



絡まる糸

  1. 2009/10/28(水) 19:42:00_
  2. 煩悩
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
絡まった糸のように、想いが交錯している。

もともと関わりは無いのに、わたしが「媒体」になってしまった。


そんなこと、知らないわよ。 って言いたい。

わたしの関係ないところで交わされた会話。忠告しても聞かなかった人。


人の心というものは、中途半端な部分はあるし、優しさが仇になることがある・・・って言ったのに。

わたしは、自分自身がそうだったから、注意したのに。

あの人も面影を見たのか・・・。

彼女は寂しさに身悶えて、いつか来るだろう。とその日を待ちながらも止まり木を見つけてしまった。


止まり木になるくらいならば、もっとしっかり話さないと。

見守るだけしか出来ない・・・って、なんて便利なことばなんだろう。

弱くなっている人に語りかけるのも、気をつけないと勘違いされるよ、と言ったのに。



さて・・・、わたしは、自分の愚かさをいくら後悔してもし足りない。

何処にも行けない。心が抜け殻のまま・・・動いている。


束の間の優しさなんて・・・何にもならない。

いっそのこと、割り切ればいい。愉しみ、快楽に酔う・・・想いは好意でいいのだ。

会えない人へ

  1. 2009/10/26(月) 07:10:19_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
未明からの雨は強く降っていて、久しぶりの雨のように思える。

元気で居るのかな、風邪を引いてはいませんか?


優しいことばをくれてありがとう、あなたはどうしているのでしょうね。

わたしは、こうやってあれこれ呟きながらも、歩き始めたようです。


風を待っていた。その風は目には見えず、身体で感じられたのかどうかは分かりませんが、

何かに背中を押されているようにも思えます。


今、2年前に戻ったのかもしれないと、ふと思いました。

わたしは、自分らしく在ることしか出来ないのだから、流れのままに居ればいいのでしょう。

あなたも、元気で居てください。


宛てのない、あなたへの手紙。。


氷の心

  1. 2009/10/25(日) 22:25:14_
  2. 呟き
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
とても冷たく容赦ないわたしも居る。

斬り捨てる、棘を刺す。

でも、心の奥までそうではないつもり。

中途半端な優しさが、人を傷つけ、足元をすくってしまう。自力で立ち上がる力を取り去ってしまうよう

では、意味が無い。

わたしは脆いけれど、まだ・・・自分の足で立ちたい。


わたしに、自分と向き合い自分を許すことを教えてくれた・・大好きな人がそうであるように。。

ここにあることば

  1. 2009/10/25(日) 13:59:43_
  2. _ tb:0
  3. _ comment:0
わたしは、ちゃんとことばにしているだろうか?

心にある思いを文字にしているのだろうか?


もっと、もっと・・・伝えることばはないだろうか?

真っ直ぐに綴っているだろうか?


飛び込んでいきたい想い。

ぶつかって生きたい激情。


晒して壊したい殻。


でも、一人では、独りだけでは・・・・・。

涙も、叫びも、・・・笑顔も・・・・・・・共に、感じてみたい。。

不眠

  1. 2009/10/25(日) 11:38:05_
  2. 迷い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
昨夜は夕食後眠気が来た。

ずっと頭が重かったから、風邪を引いたのかもしれなかった。

どうにも・・・たまらなくなり、2時間ぐらいは寝ただろうか?

深夜になり、日付が変わっても眠れなかった。いつもの場所に・・・そして、話した。


怖いと思った、心細かった。

一週間後に、何を言われるのだろう?どう言われるかな。

まだ、最終ではないだろうが・・・。怖くなってきた。



一昨年に彼と再び出会ったときと同じ状況だ。今回もくぐり抜けられますように。


まだ、倒れるわけにはいかないのだから。。

離していく

  1. 2009/10/25(日) 11:27:34_
  2. 煩悩
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
わたし独りのこと。自分だけの感覚。

もう・・・いいのかもしれない。

いろいろなことばが甦ってくるのだ。はっきりとは告げられずに、困らせたことだろう。

「察しないと・・・。」 「あなたは、本当はいい人なんですよね・・・・・。」

彼だと思う、おそらくそうだと思う。



わたしは、どうしても認めたくなかった。離れたくなかった。

どうしてだろう?ってその理由を考え続けた。

何故、この人に対してはこんなに・・・拘るのだろうか?

自尊心も、プライドも、格好悪さも、くどさも、優柔不断なところも・・・・・嫌なところまで出した。


自分の想いだけで、進んでしまった。

大人気なかった、いつもの自分ではなかった。


彼が、彼を通して、わたしが気づいたことは大きなものだった。

後戻りできない以上・・・前を向いて生きることだ。

力を借りて、一歩を踏み出したかった。

笑ってみたかった、あんなこともあったね・・・って。

いつか・・・・・それが出来ると信じていた。いや、まだ信じている。

「同士」として。。


解かっているけど

  1. 2009/10/24(土) 16:22:06_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
気付いていた

分かってきた

判ってきた


解かっているから

もう、区切りをつけないと。。。


解かっている、忘れることは無いと

判っている、忘れることはできないと



ぜーんぶ・・・わたしには、わかっている。。。


接点?

  1. 2009/10/24(土) 09:58:57_
  2. 不思議
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
夢を見た。

現実と想像の入り混じった内容で、途中で目覚めて・・また、少し続きを見たようだ。


久しぶりに、彼が現れた。

その姿や表情は私の知っているもので、出張から戻ってきたばかりだった。

スーツ姿で、クールな表情。

もちろん会話などなく、わたしはそっと・・・見ているだけ。


どうして、そんな夢を見たのか?

ああ、そう・・前日に職場に来た「よく似た人」に再会したのと、深夜に彼の姿を見かけた

からだろう。

元気で居るのかな・・・・・。。

移動

  1. 2009/10/23(金) 21:54:38_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
朝から出かけて、夕方帰った。

あるテーマパークの見学だったが、なんだか疲れた。

お天気には恵まれて、久しぶりにバスに乗っての移動、帰りは眠っていた。

少し酔ったのかもしれないなあ・・・。


また週末が来る。

深夜、久しぶりに見かけた。

彼にも違う姿があるのだろう、しかし・・・そのまま見守りたい。


この疲れは何処から来るのだろう、今夜は夜更かしは無理かなあ・・・・・。

笑える自分

  1. 2009/10/21(水) 20:45:07_
  2. _ tb:0
  3. _ comment:0
諦めだの、割り切りだの・・・覚悟だの・・・。

何度も何度も、同じことを考え、口にしている。


貴女には先がある、これからがある。

惨めな思いをすることはない、自分の持っているものを、もっと開花させなければ・・・・・。


「わたしは、惨めなんかじゃない。やせ我慢もしていない。自分の心が・・・此処に居たいといってる。

だから、こうしている。」

言葉には出さなかったけれど、心の中で・・そう叫ぶように言った。

いいじゃない・・・こんな女が一人いたって。


心配してくれた人がいた。潰れてしまうのではないかと・・・。

「わたしは大丈夫。自分の足で立つ事も出来る。」


そうそう・・・。カウンセリングルームの先生が、わたしのことを、

「脆いけれども弱いかどうかは?」と書いていた。

私は、芯は強いのだから。ただ、時に脆く・・・危うく見えるらしい。


まあ・・・・どうにかなるでしょう。。

整理

  1. 2009/10/20(火) 19:58:54_
  2. 迷い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
心の整理。


それは、割り切り、諦め、そして・・・覚悟。

私の携帯には、今でもメールが残っている。会話だったり、文章だったり・・・・・。


今日、久しぶりに読みかけた。そして、中断した。わたしへの思いではないのだろうと、改めて思った

からだ。わたしは何故、あれらの文章に自分を重ねたのだろう。

自意識過剰?でも、そんなに自惚れが強いとは思わなかったのだが。

おそらく、他の人から見れば、バカ・・なのだろうが、重ねてしまった。


一致するところを探しすぎたのかな?

思い込みが強すぎたのかな?



過去は過去。戻らないものなのだろうな・・・・・。

いつまでも、そう思えないわたしの方が変なのだろう。


無理は無理。相性がある。

もうそろそろなのだろう、いや、もう・・・とっくに、なのだろう。


わたしのアンテナが、彼の孤独を感じてしまう。

しかし、それを満たすべき相手は・・・わたしではなく、別の女性。

そう思わなければ。



なのに・・・いまだに、心に在る。


必然は、まだ新たな出会いで、心を奪われる人を紹介はしてくれない。。



  1. 2009/10/18(日) 22:23:05_
  2. _ tb:0
  3. _ comment:0
心が繋がり、互いが求め合い、与え合い・・・満たし合う。

ともに、感じあい・・・堕ちてゆく。

心地良く、震え、痺れる感覚。


心を委ねるとは、絆ができること。


幸せだろうな・・・・・。

曇った心

  1. 2009/10/18(日) 09:41:20_
  2. 迷い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
素直な心でなければ、本当のものは見えないと言う。

強がっているように見えるかもしれないが、違う。


一時の優しさに甘えても意味がないから、そうしないだけ。

しかも、キツイことばをぶつけてしまって大人気ない。


ああ、今更ながら・・・かつて彼がそんなことを・・メールで書いていたなあ。

都合がいいときに甘えて・・と。

私は嬉しかった、でも・・彼の気持ちもそうだったのかな・・・。



そう、全く・・立場が入れ替われば「同じ」なんだなあ、人の心というのは。。

あなたでなければ

  1. 2009/10/17(土) 21:47:30_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
面影を探す、似た色、匂いを探す。

思い出す、あの声、ことば。

目に浮かぶ、あなたのしぐさと眼。



代わりは居ない。だから、結びつけてしまう。

もう・・・戻れないと判っているのに。

もう・・・・・求められることは無いと知っているのに。


わたしの心の奥を震わせる人は、あなたしか居ない。

もう二度と・・・再び、は無くても・・・・変わらない。


あなたは、わたしの恩人。

そして、大好きなままの・・・大切な人。。

軽く

  1. 2009/10/17(土) 16:38:21_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
気分を変えて。気持ちを軽くしようと、髪を切った。

わたしはこんな理由で、髪を切ることが多い。といっても今回は、割引券の有効期限が今日で、

タイミングも良かったので、朝から出かけた。

前髪と後ろを切って、シャギーを入れた。まだ、前髪が真っ直ぐで、何だか気恥ずかしい。

確かに軽くはなった。


二日前から、体がだるい。微熱があるようで、夜が持たない。

いつものように覗く場所も早めに引き上げた。SNSで、日記を書くのも気が進まない。


数日前の会話、楽しかったな・・・・・。

和らぎと・・・

  1. 2009/10/15(木) 21:26:40_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
何だか、微笑んでしまった。

彼のことばを読んで、その激しさと真っ直ぐな心を感じて。

やっぱり・・・いいなと思う。


心に響いてくる・・・・・・。

強く、深く、静かな内にある激情を与え合う。


腕の中で、崩れ堕ちたい・・・・・・・・。。

予定変更

  1. 2009/10/15(木) 17:46:45_
  2. 呟き
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
朝、出勤して後、仕事を休んで、大学病院へと家族を連れて行く予定だった。

痛みが強くて、心配だったので、予約を入れていた。だから、それに合わせていたのに・・・。

体調不良で、キャンセルしてしまった。

昨日からそのつもりだったので、休みをもらった。そして、自分の病院に行くことにした。

再検査。気が重いがちょうど空いた時間を使おうと、とっさに決断したのだった。


問診では、一昨年の様子を確認した。

拡大鏡を使っての検査、そして粘膜採取。

肉眼では癌と見られるものは無いようだが、異型のものは可能性があるので・・・とのこと。


結果は二週間後に・・・。月末に予約を入れた。


思ったよりも早く終わったが、そのまま直帰する気にはなれず、買い物をした。

カットソーとチュニック丈の重ね着できそうなもの。ジーンズに合わせようかな。

それと綿パンは家族のもの。痩せたので、合わなくなってるからだ。

食材を買って、ガソリンを入れて、銀行に寄って・・・・・・平日の昼間に、こんなことは久しぶりだ。


車を運転していて、思い出されたのは・・・彼のことだった。


胸が熱くなった、目が潤んだのは、想いのせいなのか、欠伸っだったのか・・・・・?



今一度

  1. 2009/10/14(水) 22:20:17_
  2. _ tb:0
  3. _ comment:0
運命と必然に身を任せよう。

全ては必然に支配されている、だから・・・出会いも別れも、定められている。

再びがあれば、それも同じである。



わたしは、彼が好き。彼に感謝している、だから・・・出逢いを無駄にはしない。

命が尽きるまで、わたしはわたしらしく・・・生きたい。


心は触れ合ったのだから。。

定め

  1. 2009/10/14(水) 21:59:46_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
夕方、帰宅すると、先日の検診の結果が届いていた。

躊躇いながら、シールを剥がしてみると、「再検査」。精密検査の必要あり・・とあった。

一昨年以来であるが・・・気分が重くなった、今度は無理かも。


いつもの2ショで、待機をしてみた。

少し前に、ふと気になったHNの方が入室した。

ことばが似てるな・・・・・と思った人だった。


話すほどに、もしかしたらと思える。年齢は違うようだ、しかし・・・匂いが同じ、ことばの色もだ。

途中から切り替わることも承知していたので、慌てもせず、覚悟もしていた。

面白い話をありがとう・・・・・だった。


わたしは、今日の日に話せたことが、何かのめぐり合わせのように思えた。

もっと、突っ込もうかと思った、今の彼への追慕を口にしようかとも思った。

でも止めた、相手の真意がわからなかったからだ。


考え方は似ています、 が最後のことばだった・・・。


ありがとう。。

確定

  1. 2009/10/12(月) 14:20:53_
  2. 煩悩
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
気付かされた、会話を通して。

彼はわたしを新たに覚醒させた人だった。だから、心の中に住み続けているのだ。


わたしは、彼の手を借りて、「パンドラの箱」を開けてしまった。

わたしは、彼と一緒に、「箱の中を覗いてみたい」と思い続けていた。

そして、彼が居ない今・・・わたしは怖れながらも、「覗いてそこに在るものを観る」しかない。

しかし、わたし独りだけでは「見ることは出来ない」だろう。

だから・・・漂っているのだろう。


ずっと待っていた。宛ても無く・・・彼を。

彼でなければ・・・・と。


しかし、それは叶わないことなのか・・・と思い始めた。

苦しくてどうしようもなくて、それでもまだ・・・想い続けた。


「彼が望んだ姿に変わることで、彼との出逢いを、その必然を確定できるのではないですか?」


涙が零れた。。

深まる

  1. 2009/10/11(日) 10:42:45_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
日ごとに朝晩の冷えが強まってくる。

昨夜は上着を羽織らないと寒くて、足先は冷えて仕方がなかった。

秋が深まっていく・・・・・。毎年、物寂しくなる時期。

今年ももうそんな時期を迎える。


様々な出逢いを重ねて、心に触れた。わたしも、自分を晒し、自身を見つめた。

感謝の思い、申し訳なさ、割り切り・・・・・。



今も奥に在る想いは同じ。

ふっと温かくなる、その次の瞬間に・・・溢れてしまう、叫びたくなる。



 「わたしは此処に居る、此処に居るの。」 ・・・って。。

元通りに

  1. 2009/10/10(土) 16:23:31_
  2. 呟き
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
この場所で、独りになったようだ。

突然、前触れも無く残され、そのことに後になって気付くなんて・・・間が抜けている。


しかし、それが今のわたしには相応しいのだろう。


優しさに甘えては強くはなれない。厳しい言葉に怒ってもどうしようもない。


ひたすら身を屈めて・・・やり過ごすことも出来そうもない。


どうすればいいのだろう。


ことばの世界

  1. 2009/10/10(土) 12:04:23_
  2. 迷い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
与えたいものが有る。

与えたい者が居る。



求めるものが観える。

求めたい者が在る。



出来ることなら、駆けつけたい。

いつもの待つ自分ではなく。


何て・・・皮肉なのだろう、人と人との関わりは。。



見合わそう

  1. 2009/10/10(土) 10:20:31_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
突上げる感情を思わせることば。

求めたい欲望。

満たされたい思い。


その想いのままに、わたしは動かずに居よう。

宛ても無く動いても、良い事にはならないだろう。。

心の中

  1. 2009/10/09(金) 21:27:25_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
この場所では際限が無い。

拘りや未練、回想に追憶、それらを何とか引き剥がそうとする葛藤。


そんなどうしようもない自分を晒し、自己整理をしようとするが儘なら無い。

どうにかなるものならば、とっくにそうなれている。だから、このままで居ればいいと思った。


時間が過ぎても、姿を見かけるだけで、反応してしまう。

もう無理なのに、話したいと思ってしまう。何を話すの?って聞かれたら、答えられない。


理論整然と、その返事をすることはできない。



わたしは、本来泣き落としや、泣いて訴えることは好まないし、しなかった。

どうして・・・彼にはそうしたのだろう?

泣いて訴えた、「あなたが好きなの・・・諦めきれない・・。」

無駄だと判りながらそんな声を聞かせた。 あぁ、もう随分前のことになる、今ごろ思い出すとは。

形振り構わず向かって、玉砕した。


あれで良かったんだよね・・・・・。あの時は。。

求めるもの

  1. 2009/10/09(金) 21:04:21_
  2. 煩悩
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
頭を過ぎること。

文字にしようとするが、なかなかできない。

不特定多数に見られても意味が無い。本当は彼に見て欲しいのだから。


求めるものがあって、そうしたいと思う。

しかし、できる・・・そうなれる・・・のは、その人だから。


ある段階までは可能だろう。しかし、そこから先が難しい。

すなわち、究極の段階では、行為ありきではない。やはり、誰と、なのだと思う。


本当の意味での解放であるならば・・・・・。

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>



プロフィール

拈華微笑

Author:拈華微笑
自分は何だろう?
だから始めた旅・・・。先のことは分からないが、どこに行き着くのだろう・・・。
普段のわたしが居て、それとはまったく別の女に変わっていく過程での悩みや辛さ、喜びや楽しみ。自身の生き様を綴っていきたい。
いつまで続くのか、きっと女である限り続くのだろうか?

月別アーカイブ

FC2カウンター

« 2009 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード