FC2ブログ

詞華集 (anthology)

時の流れにしたがい、一心に前を向いて生きてきた自分。 ふとしたことから、もう一人の自分を知った。まだまだ、いろいろな自分が潜んでいると感じ始めて・・・。


表情・・・

  1. 2009/11/30(月) 21:29:16_
  2. _ tb:0
  3. _ comment:0
いつもは堅い表情の彼が、笑っていた。


わたしは笑い声を知らない。

目で笑っているのも見たことが無い。


知っているのは、済ました顔と、含みの有る声。

激しい口調と、憤り、を感じられた顔。

そして・・・・ほんの少し、照れたような。ほんの少しだけ、笑ったような目と・・・・・

唇に触れただけのキス。。


あの時の彼が、素の彼だと思った。


懐かしいなあ・・・・・。思い出してしまった^^

スポンサーサイト




優しい関係

  1. 2009/11/29(日) 19:08:29_
  2. _ tb:0
  3. _ comment:0
一緒に居て心地いい二人。

互いを知るにつれ、唯一の存在だと解る。

相手を認め、受け容れる、そして。。。その背負った重荷を赦す。

晒しあい、苦しむことはあっても、いつかそれは・・・癒えていく。



優しさとは、丸ごと相手を包むこと。。

  1. 2009/11/29(日) 13:32:52_
  2. 煩悩
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
過去を経ての今だと分かっている。

人は繋がることで成長もあれば癒される。

鏡は、彼だけではなかった。わたしもある人の鏡だったし、もしかしたら・・一時期は、彼の鏡になって

いたのかもしれない。

人は自分で「自分の姿」を見ることができない。人を通して見て、知るのだという。

その人は、わたしに傷付けられたりしていない。と言った。

かつて、わたしも・・・傷付けられたことはなかったのだ。

そう、二人ともそうしたいから・・・、傍に居たかっただけなのに、ね。。



なかなか出来なかったけれど、わたしは、『卒業』しなければ。


再び産まれ、成長するために。。。

  1. 2009/11/29(日) 11:48:03_
  2. 煩悩
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
再び、揺り動かされそうになった。

でも、踏みとどまった。情は無くはない、しかし・・・・・そこから何かが生まれない気がした。

愛されても、自分が愛せなければ意味が無い。


わたしは、再生して・・・もっと成長したい。



そして、もし・・・いつの日にか、人を愛せたらいいなと思っている。。

気分

  1. 2009/11/28(土) 15:17:56_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
昨日、7時も過ぎて・・別の仕事もこなして自宅に戻った時には、何故かテンションが高く、

身体の疲れも覚えなかった。食事をして、いつものように9時も回ってからPCの前に座った。

或る場所に、文字を見つけたとき、わたしの浮かれ気分は消えてしまった。

ことばを綴る場所と、文面、タイミング、そして・・・不特定多数の読み手。

そこに、そんなことを綴る神経がわからない。しかも、伝えたはずなのに・・・。


もう前に、心の距離は離れていると既に感じた、だから、拒んでいる。その訳がまだ伝わっていない。


その人を観ながら・・・わたしは自己反省を重ねたのだ。その人の行為が新たに再びの自己嫌悪

を呼び起こした。


わたしが彼にしたこと、彼がわたしを拒んだこと、彼を苦しめたこと・・・・・。

愛しさとともに、ずっと抱えていくこと。

独りで。。

もう一日

  1. 2009/11/27(金) 02:23:27_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
金曜日、今日を頑張ろう。

忙しい、慌しい、来客もある。

無難に過ぎますように。



鏡の中の自分に問いかける。

「貴女は、これからどうするの?何処を向いて、何処へ向かって生きて往くの?」


返事は来なかった。

少し

  1. 2009/11/25(水) 21:32:28_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
次第に暖かく、過ごしやすい日だった。

慌しく、懸念されたことは・・・まあ、それなりに終えることが出来た。

「また、明日。」である。


少しだが、整理がつき始めたような気がする。

相変わらずの無反応、分かってはいたが・・・。

その意図は様々ではあっても、もう仕方がないこと、なのだ。


少し、また少し。 この積み重ねしかない。


寒い一日

  1. 2009/11/24(火) 20:01:05_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
予報に反して、寒い日だった。

今日で産休に入る人が居て、明日からはわたしの責任が重くなる。

仕方がないと分かっているが、少々気が重い。

サブでの立場から主導に変わると、いろいろあるもの。

いいチャンスと捉えられるだけの自信がない。

しかし、やるしかない。プラスに捉えていこうと思っている。


昨日は少し落ち込んでいた。


納得し、切り替えをし、そう・・・運命と必然を感じながら生きること。

それしかない・・・・・。。

暖かな陽射し

  1. 2009/11/23(月) 15:56:48_
  2. 呟き
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
お昼過ぎには帰宅し、休息の後・・・犬の散歩をした。

ポカポカとしていい気持ち。一昨日の肌を刺すような冷たい風もなかった。

今朝見た青空を思い浮かべた・・・・。同じ青空が広がっていた。


わたしは、いつかまた逢えると夢見ている。

でも、夢で終わるだろう。


恋、だから。。

帰途

  1. 2009/11/23(月) 11:16:35_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
昨夜は神戸に泊まった。

ショッピングを楽しんでと思ったが、そのまま高速に乗った。

卒業しなくては、と思いながら、昨日は過ごしたが、車を走らせながら彼の姿とことばが頭に浮かんで、どうしようもない。

思い出を美化するのではなく、刻まれたものが、埋もれていかなかった。

彼が好きだと思う。


卒業試験は不合格だ。。

御影

  1. 2009/11/22(日) 21:19:07_
  2. _ tb:0
  3. _ comment:0
ー久し振りに携帯より綴るー


友人に会い、数時間話した後、あの場所へ行った。


想いと共に零れる言葉。

思い出と現実。

それを思い知るために、ひとり佇んだ。


COCO,Sでホットココアを飲みながら、暖まる。


今夜はどうしようか?

動く・・・

  1. 2009/11/22(日) 09:18:21_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
寒い朝。お天気の崩れも予報されている。

神戸へ行こうと思う。

身内に会うためと、もう一つ。


何かを感じ取るために。

そうなれればいいな・・・・・。


わたしのことばは、届いたのだろうか?

皮肉

  1. 2009/11/21(土) 19:01:10_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
ある場所の「わたし」のページに足跡があった。

彼と同じHNが二人。

一人はひらがな、そしてもう一人はカタカナ。

驚きながらも・・・彼では無い。  苦笑しながら、届かない距離を感じた。


久しぶりに彼の姿を見かけた。心境に・・・少し変化があったのかな?

あの場所から

  1. 2009/11/21(土) 15:15:13_
  2. 煩悩
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
再び始めたとしたら、上書きすることができるだろうか?


この色を剥がすことは出来ないから、濃度が異なる違う色を重ねるとしたら・・・・・。

前よりももっと、濃いものを多く重ねれば、下の色は浮き出ては来ない。

その代わり、もう前の色は見えなくなる。



好きな人の心を苦しめる申し訳なさと、好かれた人から苦しめられる辛さ、とは同一ではないが・・・

鏡のように、様々なものを映し出した。


両方のジレンマ、そして・・・やはり、時の流れの中で変化したものは・・取り戻すことは出来ないのだ

ろうか?

違う方向を向くことは、逃げ?


今でもふと・・・そんなことを考えてしまう。


ただ・・

  1. 2009/11/19(木) 21:34:35_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
どうしているのだろう。

元気かな?

ふとした瞬間に溢れてしまう想い。

好きだな。

寂しさも、恋しさも、全て・・・わたしの中で・・・・・。


ことばが出てこない。

似た人

  1. 2009/11/18(水) 07:38:38_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
思い込みかもしれないが、容姿の似た人に先日また・・会った。

昨年始めてみた時、遠目ながら・・・彼かも、と思ってしまった人。

次第に薄れている記憶の中の彼でもあるが、よく似ている。


でも、もし。。。その目を覗きこんだら、やはり、違うんだろうな。

「逢いたいな・・・」

どうにもならないけれど、逢いたい。

何故、逢いたいんだろう・・・・・?


今を見つめて生きろ、と言われても、変わらないものはそれでいいわけだし、

過去に囚われているのだと思いたくは無い。


わたしは、求められるだけではなく、「求めたい」のだから。。

在るべき場所

  1. 2009/11/17(火) 23:15:46_
  2. 迷い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
落ち込んではいないはず。

わたしの居場所、わたしの心が居る場所。

心か、想いの置き場所・・・はどこ?


ふわふわと、ぼんやりしながら、

こんな感覚のまま・・・どっちつかずのまま・・・。

時間が過ぎていくまま・・・・・。


一抹の寂しさを感じながら。。

冬の雨

  1. 2009/11/17(火) 07:33:16_
  2. 呟き
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
昨夜からの寒さと冷たい雨。

今日は年末年始くらいの寒さとか・・・。

こちらも、彼の所よりも冷えるらしいとは、驚き。


元気で居るのかな、わたしも頑張ろう・・・。。

瞬きのなかに

  1. 2009/11/16(月) 20:07:04_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
寒い夜空を見上げると、一際明るく光る星があった。

わたしの空は、何も遮るものがない、そのままの・・・星空。

じっと、見ていたら、視界がぼやけて来る。

あ・・・。一旦顔を戻して・・・また見つめた。

変わらずにそこにある星。でも、手が届くことは無い。


まるで、彼と自分のようだと思った。


その美しさが、彼の存在感。。

  1. 2009/11/16(月) 14:57:48_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
忙しくしているのかな?

慌しく、没頭できているのかな?


元気で居るのなら・・・それでいい。

裏側

  1. 2009/11/15(日) 20:49:10_
  2. 驚き
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
物事には裏がある。

一つの事柄には見える部分と隠れた部分があって成り立っている。

被害者的見方、加害者的見方、現実は逆転の場合があるなんて。本当にあるんだなあ。

作為を持って近付く人が居ることは判ってた。

でも・・・やはり、直感はあるな。。。わたしには。


霧の中にあったことがはっきりしてよかった。


人の心とは、複雑で温かく、でも・・・怖くもある。


でも、わたしは他人を捲き込みたくは無い・・・・・。




彼の目には、わたしはどんな風に映っていたのだろうか?

連休

  1. 2009/11/15(日) 13:12:37_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
昨日の休日出勤で、今日から二日のお休み。

早くから寝ていた、疲れやすくなったのかな・・・・・。

今日は朝から出かけて、午後は家でゆっくりしたい。


わたしと似た女性が居る、その様子を見ながら、自分のことを考えさせられた。

違うところと、反省すべきところ、心の在り方・・・。


わたしの心は揺れたし、戸惑い、迷った。でも、「壊れた」という文字を見たとき、

その意味は、わたしとは違うと思った。


「壊れる」とは、「破壊」ではなく、「解剖」かも・・・^^;

消える・・・

  1. 2009/11/13(金) 07:37:00_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
彼のことばが消えていく。

少しずつ消えていって、もう見えなくなる。



わたしは、とっても大好きだった。



不思議なほどに、心を掴んで離さなかった。



どこかにあるのかな・・・・・?

ことばにならない

  1. 2009/11/13(金) 06:36:28_
  2. 不思議
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
今も出来ないこと、言えないことば。

「あなたを愛している。」


「I love you」 なのか、他の表現になるのか・・・判らないが。

とっても大切で、一番、口に出せないことば。


いつか・・・・・心から 「愛している」と言える日が来るだろうか?

  1. 2009/11/12(木) 21:49:19_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
立ち去った人、遠ざかった人・・・・・・。

ふと、もしかしたら・・・そう思った。


元気でいるのならいい。


元気じゃないから、消えるんだ。と言った人もいた。

でも、離れがたい場所なんだなあ。


わたしの勘は、悲しいかな。。よく当たる。見つけてしまう。



わたしは、まだあの場所に居ることだろう。

眠り

  1. 2009/11/12(木) 07:35:39_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
ぐっと・・・・そして、ぐっすり。。

9時前から眠ってしまった。

何も考えずにすんだ。


このまま・・・・・落ち着くだろうか?

今は、忙しい日中で体力を消耗してるのかな。


宛ても無く居ても仕方ないと思える。

これが、普通だよなあ・・・・・・。

雨音

  1. 2009/11/10(火) 21:35:29_
  2. 不思議
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
夕方から雨になった。

時折激しく打ち付けている。

冬に向かう雨、しばらくお天気は崩れるようだ。


車の中に置き傘がある、主に、駐車場から職場までの間・・差すためのもの。

この傘に、彼と二人で入ったことがあった。

何故だか・・・ふと思い出した。

駅で彼を待っていた時、雨だった。わたしは改札口に彼を探しに行って・・・・・・

一緒に無言で階段を降り、車に戻った。そのほんの少しの距離を、二人で同じ傘に入ったのだった。


今から思うと、何だか不思議だ。

恋人でもない、友人でもなかっただろう。

私にとっては好きな人だったけど、彼は・・・?ただの知り合いだったのかな・・・。

そんな思い出も彼とだけ。


忘れることはできそうにない・・・。

重くて鈍い身体

  1. 2009/11/10(火) 00:21:23_
  2. 驚き
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
身体が重く頭痛があった。

仕事から帰り、夕食を済ませてから眠った。

何なのだろう、微熱があるから風邪なのか?

長く寝たと思ったら、2時間ほどだった。何かの夢を見たようだ。

彼を、想いを手放さ無ければ。。。と思い始めている。

いつまで出来るか、続くのか・・・・・また戻るのかもわからない。


好きなままに、仕舞いこまなくっちゃ・・・・・と思っている。


どうなるかなあ?

見かけた姿

  1. 2009/11/08(日) 18:02:31_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
彼は寂しそうに見えた。

入っていきたかった、でも・・・拒否されたくなかった。

いつまでも付きまとっていると思われるなら、一番悲しい。


見守ることって・・・・・未だによく分かっていないのかな。

大好きな人。。

ぼんやりと

  1. 2009/11/08(日) 11:35:40_
  2. 迷い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
今日も暖かくていいお天気、雲の隙間から太陽の陽射しが身体を包んでくれる。

久しぶりに、ゆっくりと犬の散歩をした。いつものコースで、河川敷を歩く。

チビのチワワでオス犬、とても喜んでいた。マーキングを何度したかなあ・・・。

わたしはボーっとした頭で、何となく想いを馳せていた。何に・・・?

彼のこと、わたしを大切に思ってくれる人のこと、自分の気持ち、これからのこと。


思いかけず涙が滲み・・・そのまま流れそうになった。

自分の罪深さを思い知る。

真っ直ぐに来たはずなのに、心を求めて自分も偽っては居なかったはずだった。


虚しいのではない、哀しいのではない。


なのに・・・・・何故?

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>



プロフィール

拈華微笑

Author:拈華微笑
自分は何だろう?
だから始めた旅・・・。先のことは分からないが、どこに行き着くのだろう・・・。
普段のわたしが居て、それとはまったく別の女に変わっていく過程での悩みや辛さ、喜びや楽しみ。自身の生き様を綴っていきたい。
いつまで続くのか、きっと女である限り続くのだろうか?

月別アーカイブ

FC2カウンター

« 2009 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード