FC2ブログ

詞華集 (anthology)

時の流れにしたがい、一心に前を向いて生きてきた自分。 ふとしたことから、もう一人の自分を知った。まだまだ、いろいろな自分が潜んでいると感じ始めて・・・。


苛立ちと腹立たしさ

  1. 2009/12/30(水) 01:44:04_
  2. 煩悩
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
ストレスが溜まっている。

精神的に宜しくない。

苛々・・・ムカムカ・・・眠れない。


あぁ・・・・・いやだ、もう。
スポンサーサイト




醜さ

  1. 2009/12/29(火) 10:51:33_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
よく、このことばを用いていた。

そんな・・と思っていたが、この意味が分かる気がする。

歪みでもある、確かに病んでいるのかもしれないとも思っている。


こんな部分は、共有できる人に見せるしかない。



わたしは、彼かもと思った。文面、嗜好、地域、年齢・・・近いし似ている。そう感じたから話した。

いつものこと、いつもの顛末に過ぎない。


違う人なら意味が無い。まだ・・・そう思ってしまうわたしだ。


似たものを求めれば、同じことの繰り返しになるのだろうな・・・・・。

  1. 2009/12/29(火) 10:23:23_
  2. 不思議
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
先に述べた「強引な」人。

会話を続けたのだったが、わたしが自分の思うようにならなかったし、

ことばで批判したつもりは無かったが、自尊心を傷付けられたのだろう。

専門医の診察を受けたほうがいい。と言い放った。

私は心の中で、あなたのほうが・・・と思ったが、言わずにおいた。


人の心を簡単にコントロールできるはずなどないのに、思い上がりだと感じた。

相性が良くない、そう伝えた。

わたしは自惚れが過ぎる、らしい・・・(苦笑)



人との縁というのはそんなもの。


断ち切れるときはいとも簡単に途切れるもの。

強引さ

  1. 2009/12/27(日) 18:05:25_
  2. 煩悩
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
女にとって、男性の強引さは魅力的ではある。

でも最近は、ただ強引なのは「傲慢」に感じられる。

それは、わたしの望みではないからではある、つまり・・・そうされたい相手なら、何でもいい。

そう思ってしまうからだ。


だから逆にそう思えない相手だと、煩わしく思い、重く感じてしまう。

そうなるともう駄目。


その時点で思うことは、「ああ・・・やはり無理だ。」である。


深く関わらなければいい、と思ってしまう。実はもうこれで、ジ・エンド なのだが。



同じようなことを繰り返してきたが、別にこうなることを望んでいるわけではない。




閉ざす

  1. 2009/12/27(日) 10:07:55_
  2. 迷い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
心を閉ざす。

ことばで傷つける。

壁を作り、その向こうへと逃げる。


待っている、何かを。

そしてそれは・・・わたしの心の中にあって、決してやって来ない者。


だから、わたしは、いつまでも待ったままで、その感覚が消えていくのを感じることだろう。



先は見えない。



いつか、何かが起きて、変化が起きればそれでいい。


その「いつか」も、来るのか、来ないのか・・・・わからない。

幻のように・・・

  1. 2009/12/26(土) 21:33:46_
  2. 煩悩
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
今も・・・・そう、今夜も見かけた。

そのまま、他へ目をやり、そして・・・宛ても無くじばらく待ってみた。

しばらく話して、終える。


再び見る、もう居ない・・・・・・。


何度繰り返したことだろう。

もう、実像を見られることは無いのに、まだ揺れたりする。


虚しい、それは・・・こんな自分がである。

新しい恋など望まない。

ある時点から、動きたくないのかな・・・こんな状態なのに。



バカだ、大バカだ、全く。。

いったい・・・

  1. 2009/12/25(金) 22:06:49_
  2. 迷い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
わたしが求めたものはなんだったのか?

今、求めているものはなんなのか?

本当に、求めたいものはなんなのか?


きっと、手には入らないもの。

だから、余計に求めたいのだろう。


脱力感、虚脱感かも・・・・・。


何も考えたくない。

誕生

  1. 2009/12/24(木) 21:41:14_
  2. _ tb:0
  3. _ comment:0
新たな自分、今までとは少しだけでも前に進めた自分。

いろいろなことを思い、感じ、知りえたからこそ・・・先を見つめられる。

過去の出来事は、自分の糧にすること。

生きるということは、少しずつ自分をすり減らすことでもあるが、心の中に何かを蓄積することでもあるはず。


過去の失敗、停滞から来る自己嫌悪、旋回。

乗り越えるべきことは、一人でするしかないと思っていた。でも、そうではないとも言う。


意地っ張りで、歳を重ねながらズルくもなった自分は、少しは小利口になったのかな?^^;;

今もことばに揺れるが、その先に・・・行かなければ。


自分の弱さに負けたくない。

どうにもならないことに拘るのは、自分に負けていることなのだろう。


悔しくて、切なくて、どうしようもなく寂しくても・・・これが現実で、真実なんだと思い知ること。




今夜はイブで、もうあと一週間で今年も終わる。


来年は新しいわたしを誕生させなければ・・・ね。。

  1. 2009/12/24(木) 07:29:17_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
面影に惹かれ、面影を探り、照合と消去をする。

一つ一つ・・・・少しずつ確認して、落胆する。



もう、いいよね・・・・・。

優しいことばは、心に響く。

しかし、落ちてはいかない。


わかっているから、納得しようとする。


でも、まだ・・・時間が掛かるようだ。

不可能

  1. 2009/12/23(水) 22:30:44_
  2. 煩悩
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
もう・・・無理だ

もう・・・彼に近づけはしない

そろそろ・・・諦めよう

そろそろ・・・決断しないと



いつだったか、彼らしい人に言われたっけ。

「互いが不幸になる」と。


でも、今日まで、諦めたくなかった。


彼は誰かを求めている、でもそれは・・・わたしではない、絶対に。



もう、そろそろ・・・・・永久に戻れないと思い知らなければ。

冬の雨

  1. 2009/12/23(水) 16:36:42_
  2. 不思議
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
病院から家族の電話、しんどいという。

容態の変化なら看護師から掛かってくるはずだろうと、用意をして向かった。

吐き気が有ったらしいが特に変わりは無かった。


午後になって、叔父の訃報が届いた。

おそらく兄弟に当たるので何か・・・虫が知らせたのだろう。だから、苦しかったのではないか・・・と。

すぐには伝えられず、落ち着いていたので戻った。


不思議なことだが、きっと・・・伝わったのだろう。

安堵

  1. 2009/12/23(水) 00:19:13_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
手術は無事に終わり、夕方には主治医の話を聞いた。

病室に戻ったのは、夜八時を回っていた。

帰宅したのは十時前だった、疲れたな。


ことばを読んだ。日々変化している心の様子が見て取れる。

何か、突破口が、見つかったのかな?


わたしとは、関わりのないところで・・・・・。

霧に包まれて

  1. 2009/12/22(火) 07:25:30_
  2. 迷い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
今日は家族の手術。仕事を午前で切り上げて病院へ駆けつける。

四、五時間はかかりそうだ。夕方まで落ち着けないかも。帰宅は夜になる。


少し先が見えるかと思ったが、まだ・・・霧の中に在る。


想いは持ちながら、これからどうなるのだろう。

どう、生きていけばいいのだろう。

見たいもの、知りたいことがある。


いつか・・・辿りつくことができるのだろうか?




扉の入り口

  1. 2009/12/20(日) 13:13:08_
  2. 迷い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
よくわからないまま、進んで行って、いつか其処へ辿り着けるだろうか?

頼りになるのは、自分の心と身体と脳。

感受性もあるだろう。


何かを感じる。

自分の欲のためだろうか?

あなたでなければ・・・

  1. 2009/12/20(日) 09:36:29_
  2. _ tb:0
  3. _ comment:0
逢いたい、あなたに。

想いが込み上げて、涙が零れた。

あなたでなければ・・・


あなたに、逢いたい。

夢うつつ

  1. 2009/12/20(日) 09:21:47_
  2. 不思議
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
よく分からないこと。偶然か、必然か、何故なんだろう?

めぐり合わせだとも思えない気がする。しかし、自分の中での疑問が、真実を知りたいと思った。

「どうして?」

物事には原因と結果がある。理由に基づいた行動があるはずだ。


やっぱり、わたしは白黒つけないと納得できない不器用者だ。


でも、答えはもう・・・・・闇の中かな。。


一つだけはっきりしたのは、・・・今も彼の存在が在る。 ということだけ・・・


透明に

  1. 2009/12/19(土) 19:17:11_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
普段とは違うわたし。もっと、気楽になれないものだろうか?

素直になることで、罪悪感を持つことがある。

人に迷惑を掛けるわけでもなく、感情の行き違いは仕方ないことなのだから気にしなければいいはず。

その時点で固まってしまうと前へ進めない。

抑えてしまうよりは伝えればいい。そのうえでの話だと思う。

でも、そんなやり取りに疲れてしまう。「違う」と感じてしまう。

丸見えのわたし、透明なわたしを見せられる人は・・・そう居ないと思う。

だから、殻をつくる。壁を築く。

抵抗する。蹴飛ばす。


ことばが全ての世界、でも・・・文字に現われない、その奥を感じ取れる存在がいいな。。

一時・・・

  1. 2009/12/19(土) 13:49:44_
  2. 呟き
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
昨夜は、反省会で、ビールと酎ハイを少し呑んだ。

一時的には酔ったものの、冷めてから帰宅した。しかし、さすがに眠かったのでPCの前で寝落ちしそうだった。


朝8時過ぎには起きて、病院に行ってきた。家族の一時退院、と診察だった。

22日には手術をする。暫く落ち着かない日々になりそうだ。


二日間、夜に姿を見かけた。今はどうしているのだろう?

わたしは、また失敗をするところだった、全く・・・動かないようにしないと。


SNSにも綴ることばがない。。

極寒

  1. 2009/12/18(金) 06:51:25_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
予報通りの冷え込み。昨夜1時を過ぎて眠ったのに、寒さで4時半に目覚めてしまった。

そのまま、布団の中で身を縮めるようにじっとしていた。目覚ましのアラームが鳴る前に起きた。

凄く寒いが、雪はまだ無い。ああ、良かった。


今夜は反省会だ、お酒を呑もうかどうか迷っている。

明日は病院だから・・・・・。


ここのところ、忙しい。そのせいか、揺れが短いようだ^^;;



今年もクリスマスが近づいてきた。。

でも違う

  1. 2009/12/17(木) 20:53:35_
  2. 煩悩
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
ことばが似ていた。文面が似ていた。

そんなはずは無い、と思いながらも、もしかしたら?と思った。


判っていたはず、でも・・・・・もしかしたら?と思った。


ことばの表現が似ていても、違う。

存在が違う。感じ取れ方が違う。


わたしには、必要が無い。。

感性

  1. 2009/12/17(木) 07:30:17_
  2. 煩悩
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
感じ取り方、印象、そこから先へ進めるかどうか?

感性。相性。

必然。運命。


届かない・・・・・。

いいのかな・・・・

  1. 2009/12/15(火) 07:32:16_
  2. 迷い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
もう、そんな時期?

そろそろ、その時期?

諦めもあるだろうし、振り切りもあるだろう。


振り返らないで、前へ・・・。



もう、そろそろ、やっぱり・・・・・・そんな時期?

早く・・・

  1. 2009/12/13(日) 22:31:01_
  2. 煩悩
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
落ち着かない。

ことばも出ない。


早く、明日の朝になって欲しい。

わたしの中のモヤモヤも、突上げる衝動も、鎮まって欲しい。


落ち着かない。

声が聞きたくて、でも怖い。


繋がらないのに、そんなことを考えるわたしは愚か者。

触れたい

  1. 2009/12/13(日) 11:17:01_
  2. 煩悩
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
触れたい、あなたに。

いろいろなこと、よく分かってる。

無理なこと、どうしようもないこと、仕方がないって。


わかってる、それでも・・・

それでも、触れてみたい。


ことばを交わして、紡いで・・・絡んでみたい。

他の誰でもなく、あなたという存在に。


触れたい、もう一度。。

自分の中で

  1. 2009/12/13(日) 10:13:54_
  2. 呟き
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
そうだった・・・。

決めたはず、自分から近づかないと。

必要ならば、待っていればいつか、と思った。

「再び」があるかどうかは、必然というもの。

だから、時の流れに任せる。って・・・

恋しく、切なく思うのは、恋心だけではない。そんな甘くふわふわしたものではなくて欲望。

貪欲で、強欲でさえある。だからこそ・・・わたしからは近づけない、って分かっている。


ここで、ことばを綴り、吐き出し、叫んだら、再び落ちつかなければ。

見込みや確信がなくても動けた。でも、相手に嫌われたくも、避けられたくもない。


その辛さは・・・両方とも味わったから。


ことばを落としたぶんだけ、想いが昇華すればいいのに。


ぎゅっと、掴んで欲しいのは、彼なのに。

人の心は思うようにならないと分かりきっている。わたしは、オトナ。


これは、自分の我侭。


本心

  1. 2009/12/13(日) 01:27:55_
  2. 煩悩
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
いったいどうしたいの?

そんなの、わかってる。

それで、安息できるの?

そんなの、わからない。

どうして離れられないの?

何かをやり残したと感じるから。


でも、運命ってあるのよ?必然があるでしょ。

わかってる、今こうなっているのが運命。離れて近づけないのも必然。

再びはあるの?

同じように苦しむんじゃないのかな?だから離れてしまっているんじゃないかな。

それを・・・無理をしてならないでしょ。



そうなのかな?定められたものには従い、逆らってはいけないの?


正解って・・・あるの?


好きでもダメなのね。


駄々っ子のように、同じことを繰り返している。


想いも・・・

  1. 2009/12/13(日) 00:46:13_
  2. _ tb:0
  3. _ comment:0
歌が好き。想いを載せて、想いを馳せられるから。


ケミストリーが歌っていた、「想いのままで・・・・・?」


そうか・・・わたしも、この想いはそのままでいいんだ・・・と思った。

今はどうにもならないけれど、いつかはきっと昇華できる。

今夜、更新されたことばを読んだら、途端に動揺してしまった。


わたしの心は・・・でも、開かれてはいない、おそらく誰にも。

何処か、頑ななままで。

だから、鏡を見ながら少しずつでも開けるのではないか?と思えた。


どうしよう、わたしは・・・・・。



とうとう・・・

  1. 2009/12/12(土) 22:39:35_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
言葉を読んだ。

あなたは、どこかに行くの?

わたしがその姿やことばを見ることさえできないところに・・・・・?


わたしには、そのことばの意味を読み取る・感じ取る力はないのね?


あなたに居て欲しい。そこに・・・。


わたしの大好きな人。


ずっと、ずっと、好きなままの人。


わたしの心の奥に住んでいる人。



居なくならないで・・・・・。

男と女

  1. 2009/12/12(土) 17:53:07_
  2. 呟き
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
その立場が異なっても、その奥にあるものは同じだと思う。

表し方が、行動が、言葉が違う?

求めたいものが欲求、求められたいものが願望。

満たしたと思うのは両方とも同じ。

能動的なのは男とは限らない。女が常に受動的でもない。


性別がどうだというのか?



・・・でも、わたしは受身のほうが好き。その方が楽だから。

しかし、それでは手に入らないものがあると知った。


求めたい相手が居る。自分を与えたいと欲する。与えて、ぶつけ晒して欲しいと願う・・・。

自分が能動的にもならないと無理だと分かった。



心を開き、両手を広げて迎え入れたいと思うのは、男も女も同じ。


でも、そんな相手には滅多に出合えないもの。。

空白

  1. 2009/12/12(土) 10:06:58_
  2. 不思議
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
今週も仕事が忙しかった。そのピークが昨日で、夜に帰宅しながら数キロの距離の運転でも居眠りがつきそうだった。

久しぶりに缶ビールを一本買い、夕食は鍋物にして・・・冷たいビールを飲み干した。

とっても美味しくて、体調は大丈夫だと思った。しかし、間も無く眠くなり・・・そのまま横になった。

三時間あまり眠っただろうか、目覚めると身体が楽になっていた。酔いも冷めていた。


携帯を開き、あるSNSに日記を綴り、PCを立ち上げようかとも思ったが、止めた。

自分で・・・少し落ち着いていられているな・・・と思った。

覗きたくてたまらない衝動が起きなかった。


いい傾向なのかもしれない。

少しずつ・・・わたしは戻っていく。でもそれは、何も知らなかった時の「私」にではない。


しかし・・・元のわたしに。。

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>



プロフィール

拈華微笑

Author:拈華微笑
自分は何だろう?
だから始めた旅・・・。先のことは分からないが、どこに行き着くのだろう・・・。
普段のわたしが居て、それとはまったく別の女に変わっていく過程での悩みや辛さ、喜びや楽しみ。自身の生き様を綴っていきたい。
いつまで続くのか、きっと女である限り続くのだろうか?

月別アーカイブ

FC2カウンター

« 2009 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード