FC2ブログ

詞華集 (anthology)

時の流れにしたがい、一心に前を向いて生きてきた自分。 ふとしたことから、もう一人の自分を知った。まだまだ、いろいろな自分が潜んでいると感じ始めて・・・。


区切りの日

  1. 2010/03/31(水) 14:21:26_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
今日はお休み。

でも、仕事の手続きやら、雑用やらで、朝から動いていた。

家族も再び上京する。


明日からまた新たな一年が始まる。

周りの状況や仕事の人間関係には、大きな変化は無い。ただ「席替え」をするだけ。

私自身はこのままで、隣がどうなるか。。予想どおりかな?


元気で過ごすことと、スキルアップを目指す気持ちで・・・頑張ろう。




スポンサーサイト

記念日

  1. 2010/03/30(火) 20:02:57_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
以前から聴こうと思いながら、そのままだった、コブクロの「赤い糸」。

どんな曲なのだろう、歌詞は?と思っていた。


・・・良かった。


赤い糸、ってあるのかな?

きっと、必然はそうなのじゃないかな?

再び出会うまでの時間は、互いをもっと成長させて・・・互いがもっと認め合えるための準備期間。


そんな出会いならいいな。


一つわかったことは、自分は素直だからこうしているということ。

寂しくても、心の中に在る人が一番だってこと。


今日は・・・そう思える日。

花弁

  1. 2010/03/29(月) 20:41:23_
  2. 呟き
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
予想以上の寒さ。

咲き始めた桜の花びらは、薄紅色のまま、ふるえている。

あまりの寒さに、吹きつける雨や霙に雪の華に・・・。


わたしには、泣いているように見えた。

でも、必ずすぐに・・・暖かい陽射しは戻ってくる。

ほんの少しの我慢だから・・・。


その緊張から、悲しさから解き放たれるはず。。


あなたへ -届かない呟きー

  1. 2010/03/28(日) 23:29:32_
  2. 未分類
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
伝えたい、あなたへ


ことばでたくさん綴ってきた。


独りよがりなことばを連ねて、想いを吐き出してきた。


あなたが、此処には来ないとも知っている。


でも、わたしのことばを綴ってきた。


わたしは、目の前のあなたが全てだった。

あなたのしぐさもことばも、その姿が。


何度も何度も・・・忘れようと、諦めようとしたけれど・・・無理みたい。

だから、やっぱりこのまま。


解っているよ、知っているよ・・・あなたのこと。

だから、あなたは大丈夫だって。


時間が経つと思いでに妄想が加わると、誰かが言った。


でも、違う。わたしには、あの時のままのあなたが居る。

変わっていても、その存在は変わらないままの・・・あなたが居る。


あなたが笑っていられるならいいな。。

優しい心で

  1. 2010/03/28(日) 12:46:05_
  2. _ tb:0
  3. _ comment:0
優しくありたい。

温かくありたい。

明るく、元気でありたい。


そして・・・ここでは、その反対のわたしでもいい。


出逢いに感謝している。

大好きな人に感謝している。


出会えて良かった、そう思えることが幸せだとしみじみ思う。

・・・それでも

  1. 2010/03/28(日) 11:01:43_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
いろいろなことを考えた。

理由、理屈を・・・・・。


成り行き、時期、想いも。

様々な感情、思慕や執着、自尊心、母性。


物事の表裏、言葉の意味。


ずっと、考えた。わたしにすれば、不思議なほどに。



そして、今あるのは・・・彼という存在。

どんな存在か?

「変わらない」「愛おしい」存在、だと思う。


かつて、わたしには『受け止められない』と感じたことがあった。

それは自分の中途半端さ。

言葉にはならないものを感じ、叫びが聞こえた。

ずっと、口には出さないままだろうと解った感情。それでもいいとは思えた。

でも、わたしには強さがなかった。だから不安を感じ、見えないことに怯え、無理だと・・・。


そのうち、とか いつかは・・・と願ってきた。

もうその時は来ないのかもしれない。それでもなお、願っていたい。


本当にどうしようもないのだ、心がそう言っている。

唯一の人だから。。



近付くことは一生無くとも・・・。

冷めた女

  1. 2010/03/27(土) 18:44:28_
  2. 呟き
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
会話を交わす、次第に興奮する。

記憶が甦る、感覚が呼び起こされる・・・


・・・・・ふっと・・・切り替わる


冷静で冷めたわたしが顔を覗ける。

冷たく言い放つわたしが現われる・・・・・


これが今の自分の姿。

あの時・・・

  1. 2010/03/27(土) 14:29:42_
  2. 不思議
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
ただ、ひたすらに走った

ただ、躊躇いを振り切って向かった

そこに何かがあると思って、走った


明解な答えを得るには到らないままに、消えてしまったが

心の中に残ったものがある

そしてそれは、「重なり」 だったと感じた


燻った燃え滓、燻されたままに消えてしまった炎は、もう一度燃えたいと願っているようだ。


奥深くにある種火は、点火されれば・・・時を越えて燃え始めるのか?


それとも赤くなり始めて、やがて消え行くのか・・・・・?

慰労会

  1. 2010/03/27(土) 09:14:00_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
昨夜は区切りの反省会だった。

ビールと酎ハイを少しだけ呑んだ。

ビールが効いたのか酔っていたが、その後同僚の車まで歩き、ファミレスに着いたころにはもう酔いは冷めていた。


最初の会では、隣に「彼に似た」眼の人が座った。

雑談をしながら、愉しく話せた。声は違う、物言いも違う、おそらく彼よりも一つ若い。

久しぶりの時間・・・心地良かった。


不思議な感覚にはなれる。

今は・・・これでいい。

代わりでも何でも、わたしがひとりで感じて、想い描くだけなら誰にも迷惑は掛けないのだから。


元気でいるのかなあ?

大丈夫・・・

  1. 2010/03/26(金) 07:16:47_
  2. 呟き
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
依存していない。

バランスが取れつつある。

気にしない、わたしはわたしらしく。


伝わる者には伝わるのだ、逆も真。


だから、静かに・・・身を置けばいい。。

追憶

  1. 2010/03/26(金) 06:58:00_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
この時期思い出す光景なのか?

触れることがないための、もの寂しさか?

このところ、夢を見る。

現実と過去とが入り混じっていて、彼なんだけど、実は彼ではなかった・・というもの。

違うはずだが、似たような眼をした人。柔らかい雰囲気だが、何かを秘めているようにも思える人。


何故か、重なるものを感じることがある。

何も無い、起こりもしない。


でも、代わりに・・・夢に出てくる人。


わたしは、まだ・・・・・彼が好きなんだなあ・・・。

辛くはない、拘りではなく、溢れる、いや。。。零れるような想いだろうか。


暖かくなる・・・ような心。


ほんの少し、面影を見ていたいのかな・・・・・。

春色

  1. 2010/03/25(木) 23:48:13_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
今日はとても寒かった、冬に逆戻り。明日は雪がちらつくとか・・・

ブログのテンプレートを変更、イメージを変えた。

これまで何度か変更し、これで10回目くらいか?いや・・そこまでいかないかな。

春を意識した。

桜色、白、紅色・・・・・。


そういえば、「自分を季節にたとえると・・?」みたいな性格診断や恋愛診断ってあったなあ。

それには、見た目の印象もあって、わたしは自分を 春 のイメージだと捉えていた。

憂いなど無かった。

しかし、今は違う。目元に憂いを感じると言われる、表情に、雰囲気に憂いがあると・・・。

では 秋 のイメージに変わったのか?


この10年がわたしの内面を浮き出させたせいなのかな?


春色 の方が良かったのかなあ。。。。

卒業の日

  1. 2010/03/24(水) 20:48:27_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
雨模様の今日は卒業の日だったようで、各地で小学校の卒業式が挙行されたようだ。

子どもたちと関わった人々とのお祝いと旅立ちの別れ。

なかなか感慨深いものがある。

オトナになってからのわたしは、歳を経るにつれて涙脆くなった。



自分が6年生の時、泣いた記憶がない。

冷めていたわけではなかった、感激もした、でも泣いてはいないと思う。

中学の時も・・・そうだった。

そして、高校では・・・・少しは涙ぐんだのかもしれない。


今更ながら不思議な気がする。


しっかりと、きっちりとその式を終えるんだという思いのほうが強かったからであろうか?


卒業の複雑な、でも嬉しい気持ちは持っていたのにな・・・・・。


支配・・・

  1. 2010/03/23(火) 23:04:22_
  2. 煩悩
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
安定に繋がる、落ち着ける。だから素になれる・・・。

その可能性が無いとはいえない。しかし、手の中に納まるかどうか?

わたしは、囲い込まれた広い柵の中で放牧される馬の如く・・・と考えている。


裏腹な部分があるので、両方が上手く調整されれば一番いいのだろうが、最近はやはり放牧としか思えない。


心に触れる会話だったのか、心は動いたのか?はっきりしない。


「同じ過ちを繰り返さないように」心がけなければならないが、どうだろう。


わたしという女を、上手く操れる人は・・・そうはいないとタカを括っている^^;;

ことば

  1. 2010/03/22(月) 20:58:43_
  2. 煩悩
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
日々、変化したり揺れがある。

その一方で、覚めたわたしもいる。

春が来た。一つの区切りの季節。

何があっても、崩れはしないわたし。

枷を外すのもわたし。

もう・・・既に外れていて、その痺れが残っているだけなのかもしれない。


どこに行くかはわからないけれど、ずっと留まることはわたしらしくない。

さあ・・・どうしようか?

愛するということ

  1. 2010/03/22(月) 11:06:21_
  2. 呟き
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
その意味を考えてみる。

純粋でなければ、その言葉を口には出せないと思い続け、自分の中で封印してきた。


中途半端は嫌い、だから・・・そんな自分を認められなかった。

「愛している」と口に出してもいない。

与えられる愛に応えることとは何か?を考え、私には無理だと思った。


自分がもっと成長しなければ、そして、「衝動的なほどの」感情を持たなけ

れば無理だと思った。


包まれることの心地よさ、安心感に浸れることは幸せだが、それだけでは

ダメだと考える。私も与えられなければ。


その思いが私を立ち止まらせる。



この数年間でいろいろなことを学んだ。

二倍の人生を過ごせたと思う。

ただ、過去のある時期、自分の気持ちに気付かず、いや・・・本当の自分を認められなかったために、

彼に付いて行けなかったこと、自分の中で諦めてしまったこと、そのことだけが後悔になっている。

どんな結果に終わろうと、最後まで行けばよかった。


そのことが悔やまれてならない。





溶け込んでいるもの

  1. 2010/03/21(日) 18:57:00_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
それは、いつになっても変わらない想い。

わたしの想い。

何故なのかはわからないけれど、不思議だけれど・・・変わらないままに在る。

有るというよりも在るのである。


わたしを想ってくれた人に対して、応えられなかった自分が苦しんだ時、彼の辛さを知った。

ただ・・・向かって行った時には気付くことのできなかった、彼の気持ちを。


今、あの頃から数年経っても変わらないのは同じ。

わたしを想ってくれた人もそう・・言ってくれていた。

「謝ることじゃないんだよ、だって・・・仕方ないじゃないか。」

そうなのだ、仕方ないことなんだ。


そして、そんな想いになれたことが、自分にとっては幸せだったんだと、心から言える。

わたしの中に溶け込んでいる、大切なものだ。

春分の日

  1. 2010/03/21(日) 11:44:40_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
昨夜から風雨、朝になってからは・・・暴風。

雲が早く流れ、風の音が凄い。

今日は昼と夜が同じ長さ。これから昼が長くなっていく。

眩い陽射しを感じるようになってきた、紫外線もきつくなった。


春・・・・・違う自分、若かった時にどこかに置いて来た自分を感じてから、何度目の春・・・だろうか?

それは、同時に「弱さ」「狡さ」を自覚することになった。

人というのはそんなものなのだ、綺麗なところばかりではなくドロドロとしたものを秘めて、バランスを取りながら

生きているものだ。という、ごく当たり前のことを身をもって感じた。


それまでのわたしは、疑問というものはあまり感じなかった。

自分に起きる事、身の回りで起きて影響を受けることは・・・全て受け止めるべきと信じて疑わなかった。

いつかは、良くなる。とか、これはわたしを成長させるために起こっていることだと、受け止められた。


今はどうか・・・?

少し変わって、受け止めるしかないと思っている。

この変化は何故かと言えば、自分の我も現われてきたことと、長い間掛かったことで、どこか諦めていること、

そして・・・・先が見えないことの不安感もあるからだろうか。


しかし、誰しもいつ何が起きるかわからないのだから、今に満足すべきなのだろう。


今日を過ごせて、また明日を迎えられることに。。

素直

  1. 2010/03/20(土) 19:11:21_
  2. 迷い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
ありのままに

素のままに

心のままに

思いのままに


自然体、無理をしない、肩肘を張らず、意地を張らず、・・・・・・・



そうなれる時は・・・なれるんじゃないの??



自己抑制

  1. 2010/03/20(土) 17:46:08_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
自分を抑えることか、我慢することか・・・?

それとも、自然に感情をコントロールできているのか?


自己抑制機能はうまく働いている・・・?

連休 -お彼岸ー

  1. 2010/03/20(土) 17:17:50_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
暖かい日。風も肌に柔らかい。

中国では黄砂が凄いらしい、こちらも花粉なのか、黄砂なのか?埃っぽくはある。

今のところ花粉症は大したことは無いが、これからはどうだろう・・・。

今朝は6時前に起きた。午前中は遅めから職場へ行って、13時過ぎに戻ってきた。

来年度も転勤はなく、現状維持のようだ。

多少覚悟をしていたので、気抜けもしたが・・・それはまあ、「ここ」も大変だから・・・・・。



わたしは頑固だが、わからずやなのかなあ?

人の気持ちは、ある程度は察することができると思うのだが、そうではなかったのか?

視野の狭さ、思い込み・・・いろいろある。


 結果を考えるから動けなくなる、それよりも人と関わることで「何を得られるのか」が大切。

 そう考えれば動けないことは無いはず・・・。 


それはその通りだと思う。わたしの中で不透明なものはある、得たいものもある。

得たいもの=得られそうなもの であれば、躊躇はしない。

しかし、第一の公式は成立しないから、その次に得たいものを考えるのか?


前のエントリーに、折り合いをつける・・・ということに違和感を感じると書いた。

「逃げ」ではなくて、そうする方がもしかしたら「勇気」が要るのかな?

できないのは、素直じゃないのかな?


嘲笑

  1. 2010/03/19(金) 22:31:33_
  2. 不思議
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
見えるものがある、そうかもしれないと思う。

どうして気になるのかと思う。

気持ちが判る、あぁ・・・なるほどと思う。


元気かなと推測してみる。


わたしはこのままだと言いたい。


「折り合い」とは、妥協?

それならば・・・つけたくはない。

自分を誤魔化したくないから。


それで済むのなら・・・・・こうしていない。


誰もきにしなくていいのよ、わたしの事など。。

透明に・・・

  1. 2010/03/18(木) 23:59:24_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
回りを覆っていたものが取り除かれて、中が見えてくる。

澱んでいたものが流されて、本来の色が現われてくる。


余分なものがまるで・・・溶けてしまったように。

それらが溶けてしまってなお・・・残っているものが、今の自分。


何だかそんな風に思える。

わたしはわたし、再び、そう思う。



自分探しはもういいのかもしれない。


頭の中では・・・・・もう解ったはずだから。。

大切なもの

  1. 2010/03/17(水) 21:15:25_
  2. 不思議
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
心の中にあることで、少しでも元気が出たり、暖かくなれる。

癒しになったり、日々の励みになる。

自分なりの、好きな部分を見出せるし、努力したいと思える。


自分と向き合うことで、嫌な自分も見つけるが、そうなれることは大事なこと。

葛藤しながら、自分を認めて、やがて・・・許せるなら・・・いいな。


自分のことはかなり分かったつもり、でも時には、「わたしを映す鏡」のあなたが必要。


その「あなた」は。。。一人だけだった。



新たに見つかるか?

探さなければ見つかる筈は無い。

今は、探そうとしていない・・・。


零れ落ちるもの

  1. 2010/03/15(月) 22:52:53_
  2. 迷い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
いっぱいになった想いは、少しずつ零れていく。

溢れてしまった想いは、乾いた心を潤していった。


泉の湧き出る場所が涸れていけば、やがて・・・消えていく。


しかし、そうではない。


はらはらと・・・・・ただ、淋しく、哀しみが押し寄せた。

明日から・・・

  1. 2010/03/15(月) 02:08:17_
  2. 迷い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
じゃ・・・明日から歩き出しましょう。


そんなのすぐには無理。

また・・・矛盾だ。


自分の足で立ちたい。甘えたくない、寄りかかりたくない。


求めてしまうのが弱さ。

温もりを求めてしまうのは狡さ。


だから、まだ・・・・・。

卒業

  1. 2010/03/14(日) 20:33:56_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
今年もこの時期がやってきた。

自分の時には泣いたことなど一度も無かったが、大人になって、歳を経るにつれて、涙脆くなった。

「歳だなあ・・・・」なのかな?

様々な想い出が甦ることや、感慨の思いなのだろう。


別れも待っているこの時期。

わたしは・・・どうなるのだろうか?

もしかしたら・・・・・きっと、泣いてしまう。。

長い夢

  1. 2010/03/14(日) 09:40:20_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
もしかしたら、長い・・・果てしなく長い夢を見ているだけなのだろうか?

どこまでいっても、何時になっても・・・醒めることのない夢。


確かに、わたしはこの中に浸っていたいと思った。その一方で抜け出したいとも思った。

最初は、夢から連れ出してもらおうと考えたのだろう、でもそれは無理だと知った。

今は、自分の意思と行動でしかできないと分かった。


切ない想いは、かつての幸せ感。

身を捩るような思慕は確かな刻み。


待つことは意味がなかったのだろうか?

動くことは必要なこと、互いのために。・・・見えもしないが、きっとそうすべきなのだろう。



「相手は忘れているのだから・・・」

先日の、あのことばが、心に刺さっている。。

良しとする・・・

  1. 2010/03/13(土) 20:12:32_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
昨夜、雑談する中で、「良しとすればいい」ということばがあった。


哀しいのです、と言えば、それを良しとすればよいのです。と

仕方ないのです、と言えば、自分を認めること、そんな自分を良しとするのです。と

想いが叶わないことは、そんな想いになれたということで・・・良しとすればよいのです。と


今の状態というのは、予め定められていることなのだろう。

必然・・・・・ということなのだろう。

そこから、どう考えていくか。


また、同じなのか、それとも、少しは違ったわたしになれているのか?


暖かさ

  1. 2010/03/13(土) 16:52:29_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
法要に出席した。納骨だった。

人の心の温かさに触れる時間で、自分を振り返る時間にもなった。


お経を唱える時、御住職が、ことばや行為は全て消すことはできないものだ。と言われた。

葬儀の際も同じことを仰ったのだが、折に触れて・・・思い出すことである。


かといって、わたしは相変わらず罪深いと承知していて、「ごめんなさい」と謝るばかりだ。

自分自身に、関わった人に。


寂しがりに変わりは無いけれど、重なりたい、繋がりたいと思える人は、彼しかいない。

叶わなくても仕方がない。彼の代わりは居ない。


忘れなくても、触れられない存在。

でも、このままではダメなのだ。


春の暖かさを感じる今日、いつかの春の日を思い出した。

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>



プロフィール

拈華微笑

Author:拈華微笑
自分は何だろう?
だから始めた旅・・・。先のことは分からないが、どこに行き着くのだろう・・・。
普段のわたしが居て、それとはまったく別の女に変わっていく過程での悩みや辛さ、喜びや楽しみ。自身の生き様を綴っていきたい。
いつまで続くのか、きっと女である限り続くのだろうか?

月別アーカイブ

FC2カウンター

« 2010 03  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード