FC2ブログ

詞華集 (anthology)

時の流れにしたがい、一心に前を向いて生きてきた自分。 ふとしたことから、もう一人の自分を知った。まだまだ、いろいろな自分が潜んでいると感じ始めて・・・。


わたしへ・・・

  1. 2010/04/30(金) 22:30:23_
  2. 煩悩
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
もう、いいでしょう。

もう、十分でしょう。


上手く、整理してしまいこもうよ。

互いのために、好きな人に迷惑を掛けてはいけないよ。


いい思い出だったんでしょう・・・?

大好きになれた、それだけでいいじゃない。



もう・・・いいでしょう?

わたし
スポンサーサイト

ひたすらに

  1. 2010/04/30(金) 20:35:55_
  2. _ tb:0
  3. _ comment:0
溢れてくる、更に募ってしまう、想いと衝動。

ああ、あなたに触れたい、感じたい、その存在を。


私の中に刻まれたものが、あなたを求めている。


まっすぐに、伝えたい。


あなたに逢いたいです。・・・と


逢ってもらえませんか?・・・・・と

気懸かり

  1. 2010/04/30(金) 07:22:57_
  2. 驚き
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
朝起きると、家族が言った。

体調が悪いらしい・・・と。

「えっ・・・・。」

春先に調子が悪い人だが、今年は花粉も少なかったし、大丈夫かと思っていたが。

咳が治まらないらしい、という。


電話してみないと。

神戸に行かなくっちゃ・・・・・。

眠り

  1. 2010/04/29(木) 11:24:30_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
何だか疲れていた。

文字にして会話をする、自分を見つめながら、話すことは疲れもする。

自分でそうしているのだが、やはり疲れる。

先週から一つの区切りをつけて、安堵と疲れがあった。

「姿」を見つけると漂ってしまうのだが、昨夜はそうでもなく、暫く佇んだものの、早々に眠った。


熟睡していたつもりが、朝になって、わけのわからない夢を見た。

仕事絡みのものだった、が・・現実味のないものだったので、まあ・・・いいか^^;


連休が始まる。

明日は仕事で、あとはカレンダー通りの休みになる。

特に予定はなく、片づけをしたり、ノンビリ過ごせばいいけれど・・・。


神戸に行きたいが、無理かなあ。



戻る

  1. 2010/04/28(水) 20:55:21_
  2. 煩悩
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
やってみようとした、少し進めるかもと思った。

でも、無理だと感じて、戻ってきた。

また・・・繰り返しだ。しかし、そんなに落ち込んではいない。

悪いなという想い、そして、苦笑・・・。


でも、逃げずに、避けずに話が出来た。

それが、せめてもの誠意だから。


友達ではいられそうだ。

こじ付け

  1. 2010/04/27(火) 23:39:45_
  2. 煩悩
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
偶然の遭遇ってあるもの。

同じHNもあるもの。

会話をしているうちに、以前話した相手だと気付いた。

彼と同じ「音」のHN。一年ほど前に話した人で、不思議なこともあった。その人ではないのに、部屋に入ってきたりし

て辻褄が合わないこともあったりして・・・。

ネットならではの混同。


そうか、この間の、彼かもと思ったのも、そうだ、「音」は同じでも別人か?

そうだよなあ・・・わたしの所に来るはずはない。


彼のスタンスが変るはずはない。




それでも、まだ・・・触れたいと思う、愚か者だ。

PC

  1. 2010/04/27(火) 07:03:58_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
最近不調である。

よく固まる、重くなり再起動してもおかしかったりする。


そういえば、彼と話したときもそうだった。そして、その後・・偶然に入ってきたときも

間も無く、固まってしまい、彼が落ちてしまったのだった。


何と言う偶然、と思ったのも束の間、だった。

毎年この時期、PCが不調だ。もう古いし、メモリーが無いのに、たくさん詰め込み過ぎている。


私の脳と同じか・・・・・^^;;



雨の朝。

今日も、頑張ろう。

前へ・・・

  1. 2010/04/26(月) 23:23:34_
  2. 迷い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
前へ進むしかない、んだろうな。

話すほどにことばの中に存在が湧き出るようでいっぱいになる。


愚かだなあ・・・。

今でもわたしは「この時点」に居る。

ジレンマはどうにかしないと・・とは思う。


「必要とされるならば、他に相手がいたとしても、その元へ行きますか?」

「さあ、どうでしょう?」

「気持ちですよ。あなたの」

「傍に行けるならば・・・行くでしょう?きっと。」


自分が思っているよりも思いが強かったのでは?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

必然のままに。。





きっと・・・

  1. 2010/04/26(月) 07:13:48_
  2. _ tb:0
  3. _ comment:0
わたしの頭には、彼が綴った文面がたくさん残っている。

何度も何度も読んだから。何を考え思っているのかを知りたくて、それらの文字の奥にあるものを感じたくて。


もう、随分前に閉鎖されたのに、湧き出てくる。

わたしへのものではなく、彼自身の思いだったが、それを読むことで心が暖かくなったり、笑うことが出来た。


この数年間、自分の整理をつけるために、いろいろとやってみては、戻ってきた。

上書きできればと、動いてみた。

剥がしてしまって、塗りなおすほうがいいのか?とも考えた。

何もせず、ただ時間に任せるほうが自然なんだとも思った。


ぜ~んぶ、上手くはいかなかった。


「必然だ」と自分に言い聞かせ、過ごしてきたが、まだ・・・だ。



バランスを重んじる星座。生まれながらにそのように生きてきたわたしは、今もアンバランスのまま。


「恋をすると、バランスを崩すのは当然なんだよ・・・・・。」

ある人が言っていた。



そうだなあ・・・・・。


だから、人生で二度目のことなんだ。

二つのHN

  1. 2010/04/25(日) 09:22:21_
  2. 迷い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
漂う場所、佇む場所に、二つのHNがある。

そして、今は更に、もう一つのブログ部屋を作ったのだが、これはまた別の機会に。


さて、この二つ。

元々は、あの場所に入るために考え、自分らしいというイメージで、つけたHNだった。

その音、響きが好きだったし、「そう在ること」が自分のポリシーだったし、そう出来ていた。

そして、ある事情から、一度HNを替えざるを得なかった。そうして再び戻すことができたのだった。


二つ目は、別のプロフ登録として作った。

やはりその文字に惹かれた。あとで、芸能人に、同じ名前があると知って、苦笑したが・・・。

最近、こちらの方が自分らしいのかも、と感じている。


わたしの中から産まれたと表現したのだが、頑なではない、柔らかい自分かもしれない。


硬い殻に覆われていた前のわたしから、少しだけ溶け始めたわたし。

だが、矛盾だらけの思考が先行すると、逆行してしまうのだろう。退化ではないと思うが・・・・・。


同じであって、違う存在のように、「そこに」居る。



これから、少しずつ変わっていくのだろう。


回顧

  1. 2010/04/24(土) 17:18:50_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
わたしが目覚めた頃、何も知らないままだった、探究心と現実逃避からの始まり。

あれから、どれくらいになるのだろう?

10年近くかな。


初期のころのように、突き詰めることができるだろうか?


ただただ素直に、従うことができるだろうか?



刻まれたものと言うのは、いつか表面に浮き出てくるものなのか?


自分の中に、確かに残るものなのか?



だって、それら全部で・・・わたしなのだから。



多面性

  1. 2010/04/24(土) 13:03:40_
  2. 煩悩
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
実は、誰も知らない。

わたしの全部を知っている人は誰一人いない。


いろいろな人が居て、それぞれのわたしを知っている、でも・・・・・。

その全てを知っている人は居ない。


わたしは分裂しているから、幾つもの顔を、姿を持っているから。


彼はそう、そんなわたしに近かったと思う。

でもあの人は、知りたくも無かったでしょう・・・わたしのこと。




どんなに月日が経ったとしても、誰もわたしのことは解らない。

心地良さ

  1. 2010/04/24(土) 11:35:45_
  2. 煩悩
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
苦しさ、窮屈さ、身勝手な自分、こんな時・・・自己嫌悪に陥る。

無気力になり、彷徨いたくなる。

彷徨う場所は決まっていて、決して日常ではない。

苛々するだけの生活で、逃げ場所はネット上。

電話をしても意味はなく、虚像ではないが、別の・・・自分で居たくなる。

しかし、心は虚ろで、ただ・・・そこに居るだけ。


誰かに慰めて欲しいわけではない、解るはずがないのだから。


でも、誰かと向き合うことすら、面倒になっているのだから、矛盾している。



何をやっているのだろう??


大きな声で叫びたくなる。

「わたしは、こんな風に居たいんじゃない!」って。

「もっと、わたしらしく居たいんだ!」


全てを消してしまいたくなる。

自分そのものが消えれば、苦しまなくていい。

何かが消えただけなら、更に苦しくだけ。自分の罪を感じるだけ。



どうにもできないと判っていながら、そんな思考に陥る。



週末は嫌い。

心と身体を解放すべき週末が、一番苦しい。



何時になったら、ここから抜けられるのだろう・・・・・。

イヤリング

  1. 2010/04/23(金) 23:34:03_
  2. 未分類
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
飾ってみる

オシャレというよりも 意識


何だか、艶っぽく官能を呼び覚ます

初めての試み


見て欲しくなる…

仮眠・・・

  1. 2010/04/22(木) 22:00:34_
  2. 迷い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
遠くでわたしを呼ぶ声がする。

夢うつつのまま、返事をしていた。


再び声が聞こえた、もう少し大きく。

・・・・・まだ、よくわかっていないまま、「は~い」


次の声で、飛び起きた。

「ああ~~眠い。」

近所まで出かけてきた。まだ、眠い、どうしたのかなあ・・・。



今が苦しいのだ。

もう少しだろうか?


魔法の薬が欲しい・・・・・。

憔悴

  1. 2010/04/22(木) 19:21:48_
  2. 迷い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
疲れている、眠い・・・。

少し眠ったら楽になるかな。



この雨空のようなわたし。。。

寝不足

  1. 2010/04/21(水) 07:10:42_
  2. 不思議
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
一昨日は早く寝たが、真夜中から今日にかけて、3時間以上・・・話した。

少しずつ、胸の痞えが解れていくようだ。


まだまだ時間は掛かるだろう、でも、少しずつ、少しずつ。


そうやって自分を振り返る。



が、しかし・・・・・眠い。



目覚めの珈琲が効いた。

委ねること

  1. 2010/04/20(火) 19:29:25_
  2. _ tb:0
  3. _ comment:0
わたしは、助けてもらおうと思っている。

時折、あるいは・・・瞬間にやってくる、苦しさや切なさを転換し、やがて昇華するために。

これまでは、一人ですべきだ、と決めていた。

だから、強いわたしで居なければならなかった。でも、それでは無理だと気付いたのかな?

差し出された手を掴み、離さないように、着いていくこと・・・なのかなと。


素直に従えるかもしれない。

弱さも、我儘さも、まだ揺れる想いをも伝えながら。


それでも、こんなわたしを、「そのままに」受け止めてもらえるなら。


乗り越える

  1. 2010/04/20(火) 07:20:42_
  2. _ tb:0
  3. _ comment:0
この状態を。わたし自身の弱さを。

揺れる・・・不安定な自分を。

そうなるのは、きっと、自尊心なのだろう、思慕ではなくて。


ここから、先に進むために。



頑張れ。。。わたし


光を求めて・・・・・・



新たな分かれ道

  1. 2010/04/19(月) 21:57:28_
  2. 不思議
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
あなたは、そこに。

わたしは、こちらに。


彼の姿を見かけた、「待ち合わせ」そして・・・・・・。


わたしは、そこから離れようとしている、漂うことを止めたいと思っている。


もう、交わることはないのでしょうね。


大好きな人。

居場所

  1. 2010/04/19(月) 20:07:17_
  2. _ tb:0
  3. _ comment:0
心が向かえるところ、悦びや喜び、そして充足感を味わえるところ。

寂しさを感じることなく、そこが自分の場所だと感じられるようなところ。

相手の中にあり、自分の中に相手も居る。互いがそう思える関係。

それが居場所だと思う。わたしは、相手を癒してあげたいし、わたしも包み込まれたい。


愛することはできないだろう、でも少なくとも嫌がられたくは無い。



これまで、あの場所で漂い・・・言葉を交わし、自分の心が共感し、しかも震えるような感覚になると

いつも彼を思い出していた。


長い時間の中では、偶然にも・・・離れてから何度か出会って、話すこともできた。

先日、わたしが訪問した時、確かに彼の中でのわたしは過去で、出会った回数さえ、逢った回数さえ、

もう・・・事実ではない感覚なのだと知った。


解っていたこと。

彼の向ける視線に暖かさは無くなっていて、彼も後になると自己嫌悪に陥っていたと言うことも。

申し訳ないと、こんな対応しかできないと・・・事務的に伝えてきた彼の言葉。


それでも、互いの奥にあるものは・・・共通するものであると思っていた。

だから、拘り、求め続けたのだ。


忘れるため、昇華するため、前に進むために・・・ずいぶん勇気も出した。

珍しくがむしゃらに、みっともないわたしになれた。

ただ、伝えたいと。後悔したくないと思い続けた。


自分のために。

そして。。。どこかで、もしかしたら少しは彼を癒してあげられるのではないか?と思って。

わたしにだから、晒せたのではないか?などと思って。

受け止めたいと思えた人だった。


彼は最高の女を探すと言った。



わたしは、自分の居場所を探したい。

貪欲に、欲張りに。


そして、互いが高め合い成長できる相手を見つけ、絆を創り、深めて生きたい。





夜更かし

  1. 2010/04/19(月) 07:17:28_
  2. 不思議
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
久しぶりに、真夜中まで会話をした。

わたしは今、岐路に立っていて、一歩踏み出そうとしている。


ゆっくりと、焦らず、前へと進むことが出来ればと思う。

まだ、わからない。

でも、上手くいくかも知れない気もする。


風なのか、引き寄せる力なのか?


やってみよう・・・・・。



維持

  1. 2010/04/18(日) 15:58:46_
  2. 呟き
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
冬に体重が増えた。正確には、今の体重はわからないが、ベストより、2キロくらい増えているかも。

年齢で考えれば、全く問題は無いのだが、余分な脂肪がついて身体が重くなったり、切れが悪くなるのは嫌だ。

それに、洋服のライン、脚の太さ・・・。ああ、嫌だな。

痩せぎすよりはいいのかもしれないが、戻さないと。

とは言え、つい食べてしまうからなかなか・・・である。

さすがに3階までの一段飛ばしで駆け上がるのはしんどくなった。でも、何とかしたい。


何が一番いいのかな、恋のエキスが一番なのかもね^^



あぁ・・・・・やっぱり、好きだなあ。



貫く・・・

  1. 2010/04/18(日) 10:11:11_
  2. 迷い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
距離を測る、容量を量る、心を推し量ろうとする。

自分本位で、勝手だと思う。



詰問する、突き詰める・・・突き刺す。

そうしないと、弱い自分が現われそうで。


後のことを考えず、感情のままに・・・・・突き刺す。


孤独になれば眼を閉じて、そこから。。。


そう思うことで、切り替えられる。


相手を利用したくない、お互いに。。。存在したいから。


依存もいいと思うが、二人にとってのものでないと。



衝動を我慢できる今は、冷たく、突き放すわたしで居られる。

春を感じながら

  1. 2010/04/17(土) 21:10:34_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
犬の散歩をした。いつの間にか、タンポポがいっぱい咲いていて、風は頬に優しくなっていた。

いつものコースをゆったりと歩く。

思えば、暫くは寒さと慌しさで、こんな風に散歩ができていなかった。

空を見上げ、周りを見渡しながら、ふーっと身体の力を抜いた。

こんなに穏やかな気分で居られたらいいな・・・そう思えた。


帰り道、オオイヌノフグリやスミレも咲いていて、とても愛らしかった。

春は好きだなあ。ほんの短い時期だけど・・・。

安寧の場所

  1. 2010/04/17(土) 11:44:18_
  2. 呟き
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
あなたは、何を求めますか?

「それら」を、どのように捉えていて、どんな位置づけですか?

・・・あなたはどんな自分になりたいと思っていますか?


複数の、難しい質問をもらった。

ゆっくり考えてみたいと思う。それが今のわたしには必要だと感じるからだ。



仕事をしている自分が、一番自由な気がする、「私」でいられるからだ。

周りの煩わしさや心配ごと、不安を忘れられるし、自分を磨くことができるからかな。


日常の家庭に居る私はあまり好きではない。

家族に支えてもらっている部分もあるし、お互い様で・・私も支えてはいるだろう。

しかし、どこか偽りの姿に思えてならない。心の中にモヤモヤしたものを抱えて、叫んでいる自分が居る。


だから、私から、わたしが分裂したのだ。

衝動を、秘かに熱く・・・自らが向けられ、心も揺らす存在が見つかった時、苦しくても充実していた。

でも、その存在は、わたしにはもう手が届かなくなってしまった。

一生のうちで、そんな風な感情を滅多には持たないのに、その夢に破れてしまった。


これからどうするか?

先に述べた質問の答えを考えながら、心の整理が出来るだろうか?


相手に何かを求めても、今は・・・何時か落胆するに違いない。  そう思うようにしている。

自分の中で、予防線を張らないと、崩れて、自分を見失いかねない。

宛てにしながら、心の奥では・・・宛てにしていない。だから、相手を信頼していないのだ。

それ以上に、自分を信じられない。


それでも、どうにかしたいとは思っている。


大きな矛盾だ。

わたしの嫌いな・・・理屈に合わない、そのものだ。


直に手に触れれば、納得できるのだろうか?

触れている時間は、そう思えても、離れてしまえば、幻のように感じるのではないだろうか?



わたしは、こんなではなかったのに・・・・・と思うと哀しい。

でも、かつてのようには戻れない。


おそらく・・・・・・もう、ずっと。



安寧の場所を求めて、でも、見つかる可能性があるのだろうか?

こんなわたしに。

言葉

  1. 2010/04/15(木) 07:35:56_
  2. 不思議
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
気持ちを切り替えて

やってみよう


何かが。。。見えるかもしれない


まずは、やってみようと思う。

イラつき

  1. 2010/04/14(水) 07:09:20_
  2. 煩悩
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
自分の都合だけ。

自分の想いだけ。

言葉で伝えるのは難しいし、そこまで言えもしない。

言いたいかどうか?


そこまで、したいと思えるかどうか?

何だか、面倒くさい。


放っておいて。

わたしが発信しても・・・独り言の戯言でいいのよ。


どうせ、心は開けない、もうそう判っているんだから。

ただ、吐き出しているだけ・・・。

信用度

  1. 2010/04/14(水) 00:25:16_
  2. 迷い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
大きな声で叫びたくなる。

わたしのことを、簡単に信用しないで・・・と。

わたしは、そんな者じゃない。

簡単に心を開けないのよ。

見た目の、最初のイメージだけじゃないのよ。


だから、そんなに簡単に信用しないで・・・。


横目で見ながら・・・ここに居るだけなんだから。

花吹雪

  1. 2010/04/13(火) 18:58:57_
  2. 呟き
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
散り始めた桜は、強い風に煽られて、若葉を覗かせた。

その花弁は高く舞い上がり・・・雪のように見えた。

今年の桜も美しかった。



いつか、一緒に桜を見たいな。

大好きな人と・・・・・。

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>



プロフィール

拈華微笑

Author:拈華微笑
自分は何だろう?
だから始めた旅・・・。先のことは分からないが、どこに行き着くのだろう・・・。
普段のわたしが居て、それとはまったく別の女に変わっていく過程での悩みや辛さ、喜びや楽しみ。自身の生き様を綴っていきたい。
いつまで続くのか、きっと女である限り続くのだろうか?

月別アーカイブ

FC2カウンター

« 2010 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード