FC2ブログ

詞華集 (anthology)

時の流れにしたがい、一心に前を向いて生きてきた自分。 ふとしたことから、もう一人の自分を知った。まだまだ、いろいろな自分が潜んでいると感じ始めて・・・。


これから・・・

  1. 2010/12/31(金) 11:08:46_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:2
「過去」になってしまったことや想いは、もう取り戻せない。

まだ「過去になっていないこと」だから、取り戻せた。


わたしには、後悔は無い。


あの時、そして・・・再会できて話せたことに、感謝している。




ありがとう、大好きな人。。
スポンサーサイト

言葉足らず

  1. 2010/12/30(木) 11:16:28_
  2. 呟き
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
わたしは、もう彼のことは諦めようとしている。

互いが正解だと思えなければ無理なことだから。


ただ、とても似た雰囲気・・・というか似た空気を感じる、ことのはを読んでいたら、彼と重なってきた。

でも、明らかに別人なので、そこにある「ことのは」は彼のものではない。


だから内容に関わらず、正解ではない。 ということだった。


距離感というのは、たいそう難しく、当初から間違えっぱなしだった。

今なら、あの後だったら、少しは解れただろうに・・・。


すなわち、いろいろなことに「気づくのが遅かった」のだった。


失ってしまった感情を、再び沸き立たせる・・・まして取り戻せるなどと、考えたこともない。


発信先

  1. 2010/12/29(水) 18:45:32_
  2. 驚き
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
可笑しいよ

何だか似ているけれど 明らかに別人で
だけど、かなり重なるようで



ううん、それらは全て ネットが生んだ魔法



彼ではないから


正解じゃない。

その通り

  1. 2010/12/29(水) 08:52:53_
  2. 呟き
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
ここで、ある方のブログを読んだ。

その文章の通りだと思う。わたしも。


だから、少しずつ…やってきた。

オトナに戻れるかなと呟いたの。


辛くて、でも気持ちは分かる気もして、それが最良の方法だと自分に言い聞かせた。

それが、あなたの選んだやり方だったから…。


なのに、どうして?って考えたのよ。


他の人には分からない感情なんだ。

分かる気はするけど・・・

  1. 2010/12/28(火) 22:11:56_
  2. 呟き
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
分かってる

理解できる

いいのよ、それで・・・。


足あとが着いただけで、・・・不安定になっていたね。


そうよ・・・。



よく解るんだ。



そんなになるつもりじゃなかったのに・・・。


まだ。。。



身をちぢめて

  1. 2010/12/28(火) 15:46:03_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
昨夜は、少し不安定なまま夜を過ごした。

ただ、TVドラマのリクエスト放映の「JIN ー 仁 ー」があったので、時間を紛らすことができた。

初めて観たのだが、おもしろかった。


日記に、「少しずつ大人に戻っていく・・。」と書いたばかりだったのに、何と言うことか、動揺してしまった。

でも、どうして・・・・?という思いだったから。

近寄る=覗く ことをするなんて。


別に、ただの過敏反応に過ぎない、とも思い、気にしないように努めた。しかし、やはりどこかすっきりと割り切

れなくてもやもやした。


しかし、「漂わなくなっただけ」強くなれたのかもしれない。


眠気が来なくて、でも朝は早いし・・と布団に潜り込んだ。

叫びたくなることばを堪え、両手で自分を抱きしめながら居た。

やがて、何時の間にか眠っていたが、夢を見たようだった。



今日で仕事納めだ。1月4日からが仕事始め。

この一週間ほどは、おそらく息苦しさも感じながら過ごすことになるだろう。



自分に「刷り込まれた」ものの、強さと深さを、思い知りながら、やり過ごすのだ。


事象

  1. 2010/12/27(月) 20:50:19_
  2. 不思議
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
この世の中に起きる全ての事には、必ず・・・何らかの意味がある。

一方通行にも意味がある。


何て変わり者なんだろう。それとも、意地悪? それとも・・・・・。


わたしの心を、まだ惑わせたいの? それとも、弄びたいの?

友人

  1. 2010/12/26(日) 22:20:59_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
しばらく姿が見えなくなって、気を揉んでいた(心配していた)人が、戻ってきた。

あの場所に。

安心したというか、ホッとした^^


あの場所を立ち去って、再び戻って来る・・・そんなことはよくあることだが、前のこともあったし、

気に掛かっていたのだ。


わたしのことは、「相変わらずだな・・まったく」などど、思うだろうか?


まあいい、わたしはわたし だから。

そろそろ・・・

  1. 2010/12/26(日) 10:50:43_
  2. 迷い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
わたしは、ひたすらにあなたを待つ、ということは 止めたのよ。

だって、苦しいから。そして何より・・・哀しいから。


あなたは、何故だか分かるでしょう?

わたしを求めていないし、近寄って欲しくないんだ、って意思表示してるものね。


人を想う。そのことが「罪」だなんて、あまりに哀しすぎるでしょう?

まして、とっても好きな人にそう思われるほど、哀しいことはないから。


見守ることさえ、「重荷」や「負担」になるなんて、

何て・・・わたしという存在は罪深いんだろう。

そう感じていても、止められなかった。


あなたにとっては恋ではなくても、あなたを分かってあげられる・・・僅かな時間でいい。

そう思い直してから、もうずいぶん時が経ったんだよね。


矛盾は抱えていても、少しは変われた気がするの。





このエントリーも、彼の目には触れないと分かっていて、自分のために綴ることば。

自虐だと思われても、こうすることでしか、やって来られなかった。

他の人から共感されても、頑固だからダメなんだなあ。


相変わらず、考えながら動くことも苦手だ・・・・・。


笑ってしまうよ

  1. 2010/12/25(土) 17:16:56_
  2. 迷い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
気持ちを揺らさないように、ことばで綴る。

それは、それらは、偽りのものでは無いはず。

ただ、どうしようもない「もの」を、ことばとして・・・自分の中に収めるしか、方法は無い。


どこまでいっても、もっと時間が経っても、

わたしは・・・。


ことばを綴って、笑ってしまう。


哀しいよ・・・・・何だか、氷の湖に立っているみたいで、心細くて哀しいよ。

戸惑うこと

  1. 2010/12/25(土) 09:25:29_
  2. 煩悩
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
少しずつ、戸惑いが減ってきたかもしれない。

やっと・・・やっと・・・少し。

眼を逸らして我慢することではなく、見ても「シャンとして」居られる。・・・みたいな。


まだ、まだ、少しだけれど・・・ね。



最近、恋心のような、フワッとしたものを感じることがある。

今は隣に座っている人。でも後3ヶ月だけの人。

一緒に頑張りながら、さり気無く・・・励まし、癒し合う。 

これも、『同志』だと思う。


それより近くは、ならない関係。





どこか、彼と重ねているのかな・・・・・わたしは。

White

  1. 2010/12/24(金) 22:34:36_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
寒い日になった。クリスマス寒波とか・・・。

昼間は日射しがあったものの、風がとても冷たく、震え上がるほどだ。

明日はホワイトクリスマスになるかな?


わたしのイメージカラーがホワイトだと言われた。もちろん会ったことも無いわけで、ことばから感じ取れるもの

である。わたしのことばには、澱みや濁りも有るのだが・・・。

自分では蒼だと思っていた。深い海の底に近い所の色だと。



夜になると雪が少し舞い始めている。

雪のように真っ白ならいいな…。



わたしの心は、何年かぶりに、色が変わっていくのかな。


クリスマスを過ぎたら。

誰もこない場所

  1. 2010/12/18(土) 16:13:39_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
ことばを綴りながら
ことばを落としながら

ここに居るわたしは何者なんだろう?


笑いながら

優しく微笑みながら過ごしているわたしは、確かに私。


憂いも、貪欲さも、哀しみも、悔しさも置いていきたい。

此処に…。

知らないうちに・・

  1. 2010/12/18(土) 14:50:22_
  2. 未分類
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
いつの間にか、ネットは繋がっていた。

気づいたのは昨夜だった。

でも、何だか不調なんだな…いきなり、HTML? 開発者とか。

そんなページに変わってしまう。何度も

だから、ブログの更新もできない。




彼の姿を今日見掛けた。きっと、私の姿が全く見えないからホッとしてるだろうな。



人の邪魔者にはなりたくないものね。




気ままに・・・

  1. 2010/12/17(金) 15:22:33_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
昨日の仕事帰り、ぶらぶらとショッピングをした。

ブーツや靴が欲しかったが、短い時間では見つからなかった。

キャメル色の抜き型押しのベルトと花柄のストールを買った。車での移動が主なため、ロングのコートは

なかなか着ないが、腰丈の物は活躍する。


髪が伸びてきて、久しぶりにパーマを掛けたい気分にもなった。

でも、きっと・・・このままかな?



週末も穏やかに過ごせますように。。

動かさないように

  1. 2010/12/17(金) 00:38:46_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
動かさないように。

動かないように。


そう思いながら、日々を過ごしている。

心が動き始めたら、 じっと静かに居られなくなるから。


繋がらないことが、

繋げられないことが、互いの為なんだよね。


平穏でいるためには。

  1. 2010/12/16(木) 14:54:56_
  2. 不思議
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
色があるという、わたしの声。

癒し系と言われるのが普段で、高い声だと言われるのが家庭。

かすれてちょっと。。。○○○ と言われたのは、彼や付き合った相手。

自分でもいろいろな色があると思っている。


声を聞くと、もっと若いんだと思えるよ。

と言われるのは、喜ぶべきか??


声に濁りがないというのは、この精神の在り方か?



声の色は、非常に重要で、わたしの仕事での役目を負っている。

優しい声と柔らかい口調が主だが、時には太く厳しい口調に。



この数年というもの、時に自分が二重人格者ではないかとさえ思うことがあった。

声の違いが、わたしの違う顔の表れでもある。

凍えるほどに

  1. 2010/12/15(水) 16:35:31_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
この冬一番の寒気のせいで、しばらく外に出ていたら、震え上がった。

耳が冷たくなって、しもやけそうだ。

今年は神戸に行けなかったなと、残念に思う。週末には家族が帰ってくるとか。。。まだはっきりしない。



不意に、あれらの夜の空気を、二人の時を思い出した。



あの街の空気を吸いたいと思うのは・・・だからなんだろうな。

懐かしいものを感じ、力が貰える。




明日は、雪になるかもしれない・・・。



眠りの世界

  1. 2010/12/14(火) 16:24:20_
  2. 未分類
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
よく眠る日が多くなった。少々、仕事で疲れ気味なのかな?

梅酒なしでも、ビールなしでも眠れるが、途中で目が覚める。がしかし、また眠れるのだからいい。

彼は出てこない。仕事がらみの人が現れるだけだ。

今夜も、早く眠れるかな・・・・・。

気抜け

  1. 2010/12/14(火) 15:31:51_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
静かなのか、失速したのか、何だか力が抜けている。

いいことかもしれない。長い間拘っている彼のことも、少しだけ転換できたのかな?

また「すぐぶり返す」ということもないといいのだけれど・・・(苦笑)



まあ、これでいいのだ。

このまま、PCを繋がずにいようかしらん。。。とも思うが、そこまでは無理かな?

いっぱい

  1. 2010/12/12(日) 21:05:19_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
たくさん詰め込んだの あなたへの想い

忘れようとして 無理だと知って、しまい込もうとした想い


それさえ、なかなかできなくて溢れ出してしまった想い



このいっぱいの想いを、いったいどこにしまったらいいのかな?

無関心なら

  1. 2010/12/12(日) 13:13:42_
  2. 不思議
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
何だか分からなくなるよ。

わたしの性格を知っているでしょう?



放っておけばいいでしょう、無関心なら。

そのクールさで。


無視すればいいでしょう。

その得意な冷静さで。


わたしの性格を分かっているなら。



それとも、再び刻み込みたかったの?


わたしの中に。



あなたらしいやり方で。





そんなこと、する必要はないのに…。

漏れ

  1. 2010/12/11(土) 07:26:51_
  2. 煩悩
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
わたしという器の中に、愛という液体を注いでくれる。

愛しさという、温かい液体を注いでくれる。


疲れたカラダを横たえさせて、労ってくれる。


そんな安らかで、心地良い人と居るのに、


わたしの心は、まだフラフラしている。



明らかに、絶対に、包まれたいオンナ(人)だから、其処にじっとしていればいいものを…


わたしの中から漏れる「何か」が、わたしを動かそうとする。




ただ、その動きは弱まっている。

堂々と

  1. 2010/12/10(金) 00:47:04_
  2. _ tb:0
  3. _ comment:0
泣きながら

あの場所を去ろうか、と思ったあの夜

次の瞬間

逃げるのは嫌だ、と思い直した


目をつぶって逃げるのは、自分の生き方に反する



わたしは、逃げない

格好悪くても


堂々と生きたい。

分かっていたこと

  1. 2010/12/09(木) 15:15:43_
  2. 煩悩
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
ずっと分かっていたこと。

もう、ずいぶん前から変わらなかったこと。

でも、人と人って・・・それでも、何かが変わるかも。と思っていた。


憎んでいる訳じゃないなら、少しはいい関係もありかも。って

けれども、あなたという人は、YESかNOしかない。って知っていた。

ここでいろいろと吐露しても、全てはわたしの呟きだから。

彼の目にも触れないし、せめて毒づいてもいいかな。。。。ってね


残念だけど、そろそろ・・・離れないとね。。。。。

落胆と失望

  1. 2010/12/08(水) 14:30:32_
  2. 煩悩
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
意思表示を拒絶をいう方法でなされた。

わたしも遠慮がちに覗いていたのだ。でも、そんなにまで・・・。


いろいろなことを考えてきた。虚しい愚かな期待だけではなくて、いろいろな思いもわたしなりにあった。

さすがに、涙が流れた。そして、自分の存在自体を否定されているようにさえ思えて、情けなかった。


悔しい。。。。。


わたしは、強い。

わたしは、自分の俯瞰するちからのままに、事実を飲み込み、前へ進む。





何も変わってはいなかった。

リズム

  1. 2010/12/06(月) 22:55:01_
  2. 不思議
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
和音というのは様々で、不協和音もある。

メロディーを奏でる時には、不協和音が耳につくことがあるが、リズムが変わると、逆に新たなモノに変化する。


既存の理屈や既習の事柄だけではない。

その関わったモノ同士が、うまく調和すればいい。


さらに、それをどう感じるか?



何でもあり、なのかもしれない。

抱きしめて

  1. 2010/12/06(月) 19:57:21_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
見えなくても 観えている


隠しても判ってしまう


どうかわたしを抱きしめて



ずっと…離さないでいて




だって変化を起こすのよ、あなたには。


どうしようもなくなるんだもの…

ただ・・・

  1. 2010/12/06(月) 16:26:20_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
むなしさがある。

やりきれなさ、無力さ。

想定していたことであっても、心が砕けそうだ。


哀しい・・・。


  1. 2010/12/04(土) 10:01:05_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
遠いけれど、近い。ような…


ん、きっと、あの人は何て思うだろう?

勝手なこと言うなよ、って 言うかな?

何にも関係ないんだよ、って。



でも、刻み込まれているんだなあ。


この表現自体、おそらく普通の人には分からない。


重いんじゃない。でも、強くというか、深く。


刻み込まれてしまった。



時には切なくて寂しい。


でも、フッと…笑える瞬間もある。




きっと、分からないだろうな…誰も。

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>



プロフィール

拈華微笑

Author:拈華微笑
自分は何だろう?
だから始めた旅・・・。先のことは分からないが、どこに行き着くのだろう・・・。
普段のわたしが居て、それとはまったく別の女に変わっていく過程での悩みや辛さ、喜びや楽しみ。自身の生き様を綴っていきたい。
いつまで続くのか、きっと女である限り続くのだろうか?

月別アーカイブ

FC2カウンター

« 2010 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード