FC2ブログ

詞華集 (anthology)

時の流れにしたがい、一心に前を向いて生きてきた自分。 ふとしたことから、もう一人の自分を知った。まだまだ、いろいろな自分が潜んでいると感じ始めて・・・。


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--_
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忙殺

  1. 2011/02/27(日) 23:51:17_
  2. 未分類
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
今日の仕事は、全く気が抜けず、忙しかった。

お隣さんがお休みだったからだ。

無事に1日が終わってホッとしたが、病院にも行ってきた。

読書をする機会が増えて、本も何冊か買った。

新刊本だったり、中古本だったり。

大石圭の本を、先々週、先日と買った。

二冊目はまだ読んでいないが、サクッと読める。

今夜、やっと読みたかった白石一文の本を買った。

これはじっくりと読みたい。


読書も彼の影響があると思う。


私には、大きな存在だなあ。
スポンサーサイト

残念

  1. 2011/02/26(土) 23:16:41_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
昨夜、再び、PCから投稿ができる、と思ったのも束の間、

変換がおかしくなり、できなくなった。

ノートパソコンのキーボードに問題有り、だと思って、

キーボードだけ購入して繋いでみた。


しかし、残念ながら同じ結果だった。


あ~あ、どうしようもないのかな、このPC。


断念

  1. 2011/02/25(金) 08:48:44_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
木曜日の午後、内視鏡手術を行った。が、結果は芳しくなかった。

と言うのも、膵臓の出口の穴が見つからなかったからだという。


説明を聞いても、なんだかスッキリしないが、膵臓が腫れていたせいだとか。

ずいぶん探った後、断念したらしい。


私は、途中止めになったことに精神的なショックが起きないだろうかと、心配だったが、大丈夫だったようだ。


少し日にちを開けて また行うとのこと。

次回は出来ますようにと願う。


病室で一晩過ごしたので、昨夜は体が重かった。

仕事を終え病院に行き、自宅に帰って、日付が変わり、

神経が高ぶっていたのか、眠気が消えたようにも思えた。



彼のことを考えていた。

最近、ひとりを強く感じる時、彼を想う。

声が聴きたくなった。


何も話せないかもしれないのに、彼の息遣いを感じたかった。


涙が出そうになった。

ひとり

  1. 2011/02/23(水) 09:53:37_
  2. 呟き
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
慌ただしく、仕事と病院とを往復している。

一時期ほど、精神的にしんどくはないが、身体は疲れるので、帰宅すると早くから寝るようにはしている。

PCは変換ができないので、もうしばらくネットに繋いでいない。携帯からのみである。


明日の内視鏡の手術を控えて、と言うわけでもないが、先週末から気持ちに変化が起きた。

「ひとり」を感じる。結局ひとりなのだと感じる。


慰めも同情も・・・有難みはあるものの、わたしが背負う物だから、そこまで。

また、「解ってる」みたいに決めつけられるのは嫌だし。


簡単に解るはずはない、そんな思いが浮き上がる。


ひとりが楽でいい・・・・・。

説明

  1. 2011/02/21(月) 21:16:11_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
木曜日の、内視鏡での膵臓の手術についての説明を聞いた。
普通の人と比べて、体力もないし、

まして膵炎を何度も患った上に、深酒をしていたので、

リスクは高いと言われた。

また、手術の影響で一時的に膵炎なる可能性は高いし、重症化する恐れもあるようだ。

膵管に石灰化した石が詰まっているらしい。

この石を取り除きたいのだか、簡単にはいかないかもしれない、とも言われた。


アルコールの過剰摂取が、わかっていたことだが、こんな事態を引き起こしたのだ。


無事に、そして少しずつでも良くなれば いいのだが。

春を感じた日

  1. 2011/02/20(日) 21:28:55_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
お昼前から病院に行っていた。


心配したほど、重苦しい時間にはならなかった。

体調不良で不機嫌なのはわかっていながら、イライラしていたわたしだったが、今日は互いに何とか…。


血糖値が下がりすぎて、何度も低血糖になってしんどいのだ。

インスリンだけでコントロールができない状態らしい。



気温が上がり、昼過ぎには風もなく穏やかな春を感じられた。

散歩もしたりして、ゆったりと過ごせたから良かった。



ささくれ立つ

  1. 2011/02/20(日) 09:36:22_
  2. 迷い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
昨日は、昼前から夕食後まで病院に詰めていた。

この数日間、そこに居ると気が重くなり、笑うこともできなくなった。

心が冷たく堅くなっているのがわかる。

その上、胃が痛くなる。


何とか気分転換をしようと、実は夕方から職場の慰労会に行こうと思っていたのだ。

今回は呑まずにおこうと決めていた。

楽しく話せば気分も晴れるだろうと。


しかし、後で文句を言われでもしたら、台無しになるから断った。


そんなことも、自身の心をさらに堅くした。


7時頃に帰宅し、夕飯を作り、早く横になってそのまま眠った。

何度か目覚めて、SNSを覗き、また眠った。


久しぶりに長い時間だったが、どれくらい熟睡できたのだろうか?


今日もまた病院だ。

わたしの心を自分で自覚し、どうしようもないのが苦しい。

程度

  1. 2011/02/19(土) 08:44:15_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
久しぶりに見かけた姿を、以前よりも遠くに感じた。


もはや、近づくことのない存在を


ただ、見て、

自分に認識させる。

心の中が冷たく冷めているのは、


理不尽なことに、再び立ち向かうためかもしれない。


何だか、哀しみが押し寄せる。




それでも、必然なのだからと、独り、自分を奮い立たせる。

怒りのような感情を押し込めるために…。

再びの

  1. 2011/02/19(土) 01:45:13_
  2. 驚き
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
今夜、家族から話された。

今日のMRCP検査の結果、膵臓の内視鏡による手術の必要がある、という。

週明けに説明を受け、早ければ来週中に行うらしい。

リスクも伴うので、やはり心配はあるが、した方がいいらしい。


また、だ…

ウトウトして、ハッとした。

胃痛

  1. 2011/02/17(木) 21:43:41_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
今夜も病院に行ってきた。

昨夜同様にご機嫌は良くなくて、矢継ぎ早に、あれこれと言う。


ある程度のバトルはしたが、まだマシだったし、主治医のお話を一緒に聞けたので、少しは落ち着けたのか?

帰る頃にはずいぶん柔らかな顔になっていた。


ヤレヤレ…(汗)

ゆとり

  1. 2011/02/17(木) 07:02:29_
  2. 迷い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
昨夜は、病室に入ったとたん、叱られた。

前日とはうって変わって不機嫌で、イライラしていて、遅い という。


仕事から帰り、夕飯を作ってから向かったのだが。


お前はいつもタイミングが悪い。早く来なくてもいい時には早いくせに… などと言う。



更に、必要なものを取りに十数キロ掛けて往復して戻ると、

お前が出て、間も無く先生が来られた、タイミングが悪い。 とまた叱られた。

不安が生まれて不安定になっているのは理解できるが…。

ずーっと、心配ばかりさせているが、わたしの罪深さ故 と諦めるしかないのだろうか。



ムカついたわたしには、ゆとりが無い。

ホッと…

  1. 2011/02/16(水) 00:00:48_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
昨夜、主治医の先生から話を伺って、少し気が楽になったのは、

新たに病気が見つかったわけではなく、 徐々に体力を回復し、リハビリをして帰宅すれば良いということだったからだ。

安心したが、我が儘を言い、好き勝手なことを言うのを聞くと、やはり腹立たしさや苛つきはある。

分かっているのだろうが、好き勝手なことばかり言うなと呆れる。


しばらく、というか…これからも、大きな心で構えていないと仕方ない。


元気になれるのだからと思わなければ…ね。


自分が寝込むようなことがあれば、ひとりで静かに休みたいな、と思う。


付き添いをして欲しいとは思わない。



しかし、元気だからこそ、言えることばなのかな…!?

かわいい雪

  1. 2011/02/14(月) 12:02:00_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
細かい雪が降っている。

週末の雨交じりのものとは違って、積もりそうにも思える。

今朝は冷え込んで冷たかった。しばらく暖かかったので、身に凍みる冷たさだった。



今日は夕方、主治医からのお話を聞く。

どんなことを言われるのか、気が重いし、不安だ。


まだ春は遠い・・・。

好き

  1. 2011/02/13(日) 10:18:11_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
自分の想いを、直接ことばに出すのが苦手だから

周りくどい表現で、ことばを使って伝えようとした。


不器用だから、頭で考えながら動けないのに、

時折、直感的にポーンと行動する。


失敗もしたが、

今も好きなままの「彼」には、信じがたいほどの力で、動いた自分が居た。


後悔も自己嫌悪もない

好きな想いだけがある。

不自由な心

  1. 2011/02/12(土) 20:50:13_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
白石一文の単行本の題名だ。

病室で昨日から読み始めて、先ほど読み終えた。

ただの恋愛小説では なく、死とは?何のために人は愛するのか?

クールに捉えて書かれていると思う。


彼の書いたものに登場する男性は、醒めた、クールな、冷たく感じられる人物が多い気がする。



違うはずだが、時折…「彼」と重なることがある。

ゆっくりと…

  1. 2011/02/12(土) 11:21:13_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
病室に居ると時間がゆっくり流れる気がする。

視線が交わり、瞳の奥にあるものを読み取ろうとする。


逆に、自分の中にある或るものは悟られないようにしようとする。


慈愛と罪、その両方を持っているわたしが居た。


これから先、どれくらいの時間、この場所に通うことになるのだろう…。

不全

  1. 2011/02/11(金) 14:43:32_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
病院から帰って来た。倦怠感がある。


特に何があったわけでもなく、3時間余り側にいて世話を少ししただけなのに…。

病院特有の重苦しさのため、だろうか?

救急車で行った時、危険な状態であったのは、高血糖と多臓器不全に陥っていた、ということだった。

一つ一つ、点滴で回復させているが、

本当に危うかったのだと、実感していたようだ。


春になる頃まで、居ることになるかな…。

病状

  1. 2011/02/10(木) 16:40:34_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
一般病棟に変わって、今朝から食事が出ると言うことだったが、そうだったのだろうか。

細い身体がますます細くなってしまって、可哀想だ。

少々気弱になっていて、悲観的なことも口にする。

胃の方は大丈夫だったが・・・。

他の内蔵も、心臓も心配らしい。


杞憂で終わりますように・・・・・。



また、週末が来る。。


心にある花

  1. 2011/02/09(水) 14:08:46_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
思い出すと、ホッとする瞬間だったり、つい、笑みが漏れることがある。

変わらない想いは、今は、切なさよりは懐かしく感じる。


ことばは組み込まれていて、ついつい・・・思い出してしまう。

自分が綴るときに使うことばが、彼の使う表現だったり?することもあるかも・・・。


真似をするつもりはないのに、似ていたり、単語が重なったり・・・。


決して真似をするつもりはないのです・・・・・(汗)

徐々に

  1. 2011/02/08(火) 18:00:16_
  2. 呟き
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
昨日の夜よりもしっかりとした表情になってきた。

まだICUにいるが、管の数が減っている。

看護師さんからは、胃の内視鏡では問題ないので、膵炎ではないかとも言われた。

炎症反応を示す値が出ているとのことだ。


身体全体がしんどい…と言う。当然だ。

身体に痛みを抱えている上に更に、だから可哀想だが仕方がない。


しばらく時間が掛かりそうだ。

予測通り…

  1. 2011/02/07(月) 19:04:20_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
今朝病院に行った家族は、入院した。

しかもICUだ。

我慢のしすぎだが、
これを機会に何とか気持ちも切り替えて 欲しい。

未明から朝、慌ただしかった。仕事も休み、付き添った。


回復すると思っている。


持ち直す

  1. 2011/02/06(日) 16:32:51_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
昨日は良くなかったが、早くから眠ったせいもあって、気持ちは前に向いてきた。

家族は寝込んだままだが、病院には行かないと言い張る。


このままだと、救急車のお世話になるしかなくなるよ、と言うと、返事をしなくなる。


流動食は食べられるが、もう少しよくならないと…。


わたしは、昨日はあんな思考をしながらも冷静で、落ち着いている。


今朝、ブログのエントリーに失敗して、せっかく綴ったものが消えてしまったが、傲慢さ、について触れた。


かつての自分の姿を振り返って、そう思ったのだった。

反省しきりだ。


思考

  1. 2011/02/05(土) 13:46:30_
  2. 迷い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
どんな時も、前を向いていた。

自分が決めたことだから、貫き通すと静かに誓い、

時には激しいかのように、いろいろなことと向き合い、

潜り抜けてきた、乗り越えてきた。


しかし、今日、ふと…

もういいかな、と思った。



まだ勇気も覚悟も生まれないが、



もう自分を消した方が楽かも、と思った。


逃げるのが嫌で、踏ん張ってきた自分が


今日初めて、そう思った。



誰も怒りはしないよね、と。


父も迎えてくれるよね…と。


そう思った。





だから、週末は嫌いだ。

春日

  1. 2011/02/04(金) 14:34:30_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
朝の冷え込みからは考えられない程の陽気だ。

ぼーっとしていれば、眠くなるのかもしれないが、そんな余裕はない。

今日は、ぼちぼち。昨日の疲れも残ってはいない。


また週末が来る。

家族は不調で、胃が痛いと訴えている。

何事もなければいいが。。。


穏やかな週末であって欲しい。

読み取るチカラ

  1. 2011/02/04(金) 01:36:13_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
足跡から、お邪魔する場所がある

此処だったり、某SNSだったり…。


ことばを読む、文字を読む。


納得し、心に響く

或いは 疑問を感じ苛立つこともある。


ことばを交わし、ふと感じる疑問や矛盾を突き詰めることに

今は、その必要性さえ感じない。



一人でいい



素直に共感するが、


一人でいい…。

熟成

  1. 2011/02/02(水) 23:23:29_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
このところ思い悩んでいた事が、少し明らかになった。

別の気掛かりは無くなった。


そのためか少し気が抜けた感じで、文字を綴れずに一日過ごした。


仕事は気疲れもあるが、集中できるのが幸いしている。


自宅では、パソコンからネットにも二日間繋げていない。


彼の姿を見ることもなく、心の中は静かな湖面のようだ。


元気でいるかなと思いながら、

わたしは、彼への愛しさや 思慕を、ゆっくりと 熟成させたいと思う。


出逢えたことに感謝して…。


もっと自分が成長したいな。

そう

  1. 2011/02/01(火) 01:31:42_
  2. 不思議
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
強く激しい心は、見た目には分からず、

冷静なわたしは、現実を解っている。



だから、悲観もなく、悔いもなく


ただ、心に在る想いを、一人のものとして


持ち続けたいと思う。



わたしの生きた証、わたしらしさとして



深く刻み込むだけ。

脆い時ほど

  1. 2011/02/01(火) 01:25:20_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
もう、そのカラダに直に触れることは無いだろう。


もう、その顔を見て、眼を見つめることはできないだろう。


腕を掴んで、指を絡めることも無いだろう。



声を聴くこともできないだろう。




分かっていても、彼を求めてしまう。


わたしの心、この精神が。




弱くなり、脆くなっているときほど…。



理屈抜きで、彼を求めてしまう。

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY



プロフィール

拈華微笑

Author:拈華微笑
自分は何だろう?
だから始めた旅・・・。先のことは分からないが、どこに行き着くのだろう・・・。
普段のわたしが居て、それとはまったく別の女に変わっていく過程での悩みや辛さ、喜びや楽しみ。自身の生き様を綴っていきたい。
いつまで続くのか、きっと女である限り続くのだろうか?

月別アーカイブ

FC2カウンター

« 2011 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。