FC2ブログ

詞華集 (anthology)

時の流れにしたがい、一心に前を向いて生きてきた自分。 ふとしたことから、もう一人の自分を知った。まだまだ、いろいろな自分が潜んでいると感じ始めて・・・。


息苦しさ

  1. 2011/05/04(水) 19:47:43_
  2. 迷い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:2
連休は楽しいはず、気が休まるはず、なのに・・・息苦しい。

仕事の緊張感とストレスから解放されて、自由なはず、なのに・・・次第に息苦しくなる。

今から10年ほど前に息苦しさを感じた、あの時のものと同じではなくて・・・。


 あの時は、「かごの鳥」だった

 今は、枷を着けられているみたい、例えば、首輪を着けられ、繋がれたネコかな



わたしの中の異なるわたしが葛藤し、叫んでいる。それを別のわたしが宥めている。

スポンサーサイト




確かさ

  1. 2011/05/04(水) 15:01:46_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
目に見えないものの確かさ

・・・目に見えるものの不確かさの中に目に見えないものの確かさが隠され、

目に見えないものの不確かさによって、目に見えるものの確かさが保障される・・・


白石一文という作家に触れたきっかけは、全くの偶然だった、当時、悩み戸惑い、自分の気持ちをどう収めて

鎮めればいいのかわからないままに、書店で或る本を手にしたことからだった。

そのタイトルが「もしも、私があなただったら」だった。

もしもわたしが彼だったら、もっと分かりやすく振舞うのに。そんな曖昧じゃないのに・・・

そんな思いで、買った本だった。



「どれくらいの愛情」

この一編を読みたくて買った、文庫本。やっと、読める・・・・・。

あたたかさ

  1. 2011/05/04(水) 09:42:33_
  2. 不思議
  3. _ tb:0
  4. _ comment:2
ふわっと包み込まれて 温かくなる

尖った心が 和らげられる

悲しい思いが 癒される


大切な貴方(ひと)のために そうなれたらいいな・・・


でも、わたしにそうされたい。。。と思われなければ

全ては、独りよがりになってしまう。



与え合うとは、自分が相手から感じ取り、

そして、相手がわたしから何かを感じ取れること。


「存在すること」で、互いがそう感じあえること。

ただ、傍に居たい・・・そう思えること。




続きを読む

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY



プロフィール

拈華微笑

Author:拈華微笑
自分は何だろう?
だから始めた旅・・・。先のことは分からないが、どこに行き着くのだろう・・・。
普段のわたしが居て、それとはまったく別の女に変わっていく過程での悩みや辛さ、喜びや楽しみ。自身の生き様を綴っていきたい。
いつまで続くのか、きっと女である限り続くのだろうか?

月別アーカイブ

FC2カウンター

« 2011 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード