FC2ブログ

詞華集 (anthology)

時の流れにしたがい、一心に前を向いて生きてきた自分。 ふとしたことから、もう一人の自分を知った。まだまだ、いろいろな自分が潜んでいると感じ始めて・・・。


視線

  1. 2011/05/10(火) 23:56:20_
  2. 不思議
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
人から見られること

じっと見られること


正面から見つめられること

横から見つめられること


後ろから見られていると感じること

気のせいか・・・と思い直すこと



ふと、そちらを見ると目が合うとき、見られていたのか・・・と思う。

いや、たまたまだ・・・と思い直す。


もし、好きな人からじっと見つめられていたら、

その視線を感じると、俯き加減になる。

または、一生懸命に気づかないふりをしながら、さりげなく振舞う。



時に、視線が心地良いと感じてしまうとき、

彼にそのような感覚を植え付けられたのか?と考える。


彼のことばは、魔法のように、何故か浸透していたりする。

そのことに気づいて、ハッとさせられるのだ。

スポンサーサイト




  1. 2011/05/10(火) 21:47:19_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
あれこれと考えてはいるが

自分の軸はブレてはいないと思う。

迷いや悩みを抜けて

少し吹っ切れているようでもある。


諦めというよりは 納得

納得とは 肯定


わたしの想いは、そのままに・・・。

# 久しぶりに

  1. 2011/05/10(火) 00:20:34_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
今夜は疲れていて、少し仮眠をとって

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY



プロフィール

拈華微笑

Author:拈華微笑
自分は何だろう?
だから始めた旅・・・。先のことは分からないが、どこに行き着くのだろう・・・。
普段のわたしが居て、それとはまったく別の女に変わっていく過程での悩みや辛さ、喜びや楽しみ。自身の生き様を綴っていきたい。
いつまで続くのか、きっと女である限り続くのだろうか?

月別アーカイブ

FC2カウンター

« 2011 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード