FC2ブログ

詞華集 (anthology)

時の流れにしたがい、一心に前を向いて生きてきた自分。 ふとしたことから、もう一人の自分を知った。まだまだ、いろいろな自分が潜んでいると感じ始めて・・・。


剥き出し

  1. 2011/06/29(水) 23:06:11_
  2. 未分類
  3. _ tb:0
  4. _ comment:2
余分だと思えるもの
纏っているもの

隠していた姿や本質

持っている、抱えた思い


少しずつ

そして…一気に



剥いで欲しい と さほど思わなかったのに、

いつの間にか 剥がされていた…


彼には、そうなっていた



不思議だけれと…
スポンサーサイト




浅き眠り

  1. 2011/06/28(火) 07:05:05_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
昨夜は思い煩うことも無く、眠れるはずだった。

疲れていたので、早めに横になり、ゆっくりしていたが、4時間ほどだろうか、朝にかけて何度も目覚めた。


夢を見ていたのだろうか?

仕事のことは考えず、彼のことや、自分という存在の在り方と現実について思いを巡らせていたからか?


時間に追われ、自分の心が疲れぎみだとは分かっている。しかしそれはよく承知していることだ。

自由に動くことができないような 状況が枷を嵌められているようで。その枷を一時外すことは

不可能ではないはずだが、力が出ない。

そんな苛立ちだろうか・・・。




彼のことばに触れたい。。

二日つづき

  1. 2011/06/27(月) 07:29:40_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
朝方夢をみた

仕事なのだが 彼もいたような・・・


今日が過ぎたら もう みないかな?



雨の予感がする 空気だ


さて・・・頑張ろう。。

繋がるカタチ

  1. 2011/06/26(日) 11:16:18_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
この時代において 様々な繋がり方がある。

日常では、生活のための必要から、主に、家族や仕事を中心に繋がっている。

当たり前に我慢をし、折り合いをつける。・・・それが苦しいとも思わずに。


ここにいるわたしは、日常の隙間を生きる者として感じることや、我儘や、願望をことばに変えている。


繋がり方 などと考え始めたのも、いや・・・文字を綴ること自体、始めたのも 彼の影響。

示唆されたわけでは無い、わたしが「やってみよう」と思えたからだ。


すぐ傍にいる繋がりではないのだろうが、わたしにとっては、出会ってからというもの、何かの節目で、

つまり・・・「必要な時に」何度か出会い、その都度何かを与えてもらった存在だと思える。

きっと、相手はそんなつもりは無かったのかもしれないが、わたしはそうなった。

ありがたいと思う。


他の方たちとも、此処で、某所で、繋がることで、与えられたものがある。癒された思いがある。

だから今も・・・このネットで繋がっていたい。



続きを読む

早とちり

  1. 2011/06/25(土) 23:43:58_
  2. 煩悩
  3. _ tb:0
  4. _ comment:2
そうではないかもしれないと

思いながらも 綴ってしまった

「とも」という名のあなたに。。。


ありがとう

このことばを 送ります


わたしの「とも」でいてくれる 

あなたに。。。


感謝を込めて・・・・・。

ウェーブ

  1. 2011/06/25(土) 17:33:14_
  2. 未分類
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
髪の毛を切り、パーマをかけた。

長さは、さほど変わっていないが、ウェーブが出たので、雰囲気が変わった。

年相応なのか、少し老けた気がする。


久しぶりのウェーブヘアに、自分も慣れない。


軽くなったから、いいとするかな(汗)

  1. 2011/06/25(土) 11:57:10_
  2. 迷い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
忙しさの中で、思い出す感情や想いは、

一瞬で、何処かへ追いやって

深く考えないようにする。



「わたし」が、何を求めてきて、今何を手にしたいのか?


何にも・・・考えず、ただ・・・時間の過ぎ行くままに、居るだけ。


彼を好きな想いだけが、残っている



そんな気がする。。



消えていた・・・

  1. 2011/06/25(土) 10:50:48_
  2. 驚き
  3. _ tb:0
  4. _ comment:1
わたしの この場所の名前

ふと 見て


ただ・・・それだけのこと


わたしから かかわりを持たないから?

ふと そう感じて


ただ・・・そう思っただけ




少し、寂しくなった


でも、それだけのこと

熱帯夜のように

  1. 2011/06/23(木) 00:35:46_
  2. 未分類
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
今夜は、暑くて汗が滲み出る。

お風呂から上がって、火照りも収まったのに、洗い髪が貼り付く。

ドライヤーで乾かした長い髪の毛の先が肩に触れるのさえ、鬱陶しく感じる。


初めて、寝室にクーラーを入れた。



毎年悩むことがある。

髪の毛を短くするかどうか、だ。



きっと、今年も 短く切ってしまうことはしないかなぁ。


しかし、暑い…。

固まり

  1. 2011/06/22(水) 06:22:04_
  2. 未分類
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
昨夜は、綴っていたら途中からPCの打ち込みがおかしくなった。

以前とは違って、携帯からは、モブログにしているので、そこからの上書きもできないまま、下書きで保存してある。
そして今朝になった。五時半過ぎに目覚めて、PCは開かないまま、携帯からの書き込みだ。


連日、仕事で体力や気力を消耗するが、まだ大丈夫だ。

この数日は、どうも熟睡ができない。

何度か目が覚めたり、寝付けなかったりする。



自分が必要とされないのではないか、と感じることは、

関係が良好でない場合は非常に苦しいことだ。



ふと、彼のことを考える。


彼は笑っているのだろうか?

感じとるチカラ

  1. 2011/06/20(月) 23:23:56_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
今日も会議が入った、「対策会議」・・・方策を探るためのものだった。

何度かここに綴ったように、厳しい状況で日々が過ぎていく。

発想の転換、視点を変える、歩みよること、「負けて勝つ」みたいなこと・・・・。

当人が一番見えないことだから、周りがサポートしているわけだが、こちらの意図はなかなか伝わらない。

苦しみ、足掻き、迷いながら・・・何か見出す、生み出すには、自己変革のような心構えが要る。


わたしは以前、その時期を過ぎた。その人は、果たして、そこを無事に「通過」できるのだろうか?

見守りながら、支えながら、学び協力していきたい。

直にでなくとも

  1. 2011/06/19(日) 11:42:27_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:2
そして、独りよがりであっても

自分が その人を想えることや 思い出せることで

僅かな時間でも 楽になれたり ふっと。。。笑える

そうなれば いいんだよね。


だって・・・そう思える人や、そう感じられる人は

滅多に出会えないから。


だから 本当は 出会えたことや、少しでも側に居られたことに

感謝すべきなんだよね。


互いが必要だと思えた時間を過ごせただけで、良かったんだよね。 続きを読む

息苦しさ

  1. 2011/06/19(日) 09:44:36_
  2. 迷い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
自分のすべきことを、自分なりにやってきた。踏ん張ってやってきた。

挫折や後戻りと言うのは、どんな時もある、やってきたことが台無しになる事だってある。

そんなことは、承知していても、ショックを受けることはあるし、ドーンと突き落とされたような虚無感を

覚えてしまうと、流石のわたしも、しばらく立ち直れず、気持ちが荒み、怒りが収まらなくなる。

昨日は、そんな日だった。

頭では分かっていたり想定していることも、積み上げたものとか、やっと・・・ここまで、と思っていたことが

揺らぐと、哀しくて堪らない。


自分の弱さや、人としての器の小ささを感じ、落ち込んだ。

優しいことばも要らないし、自分を追い込むことしかできなくなる。

絶望感に似た やりきれなさで、感情をコントロールできなかった。


そんな時に、彼のことばを思い出す。

一人で葛藤したであろう・・彼のことを。

哀しい夜

  1. 2011/06/18(土) 23:27:21_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
今日は辛い一日だった。自分を支えてきたものが 崩れた感じだった。

だから、彼を求めた。求めると言うのは、現実性は無いので、とにかく彼を「感じたかった」のだ。

でも、誰に言うことも出来ず、ここで綴るしかない。

某所では、悲しみが憤りや苛立ちとしか書けないし、誰にも解かって欲しいとも思わない。


ただ、ただ、彼の存在を感じ、そこに浸りたいと思った。



今夜。。。眠れるだろうか?

明日はなくて、早く月曜日になればいいのに。そうすれば、仕事に出かけて自分の心を感じなくて済む。

わたしは何のために辛抱してきたのか、虚しいばかりだ。

ふと・・・

  1. 2011/06/18(土) 10:59:15_
  2. 不思議
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
答えたくない 話したくない

ことばを読んで 「そんなのわかってる」とか 「決めつけないで」 などと

叫びたくなる


どうして人は すぐに不安になるのだろう

求めることに 結果を求め そうなれないことに 不安を覚える

そして 絶望したり 悲観する


自分の中にも そんな部分があることは よーく解かっているし

過去にそんな自分がいた

彼にもそんな自分をぶつけた


先が見えないことに 不安を感じ

安心したくて 相手の心の中を探り

そのことばに 不満と疑問を持ち 理由を尋ね

答えが得られないことが嫌で

自分の存在は 相手にとって 迷惑なのだと思った


すると もう そばに居ること自体が 罪なのだと思え

断ち切るために 繋がらないようにと 求めた




そんな、いろいろなことが甦ってくる。どうして、よく覚えているのだろう?

ほかの出逢いのことは、忘れてしまっているのに。

「うまくいった」関係のことなど、心のどこかにいってしまって・・・いるのに。


自分の中に後悔はない。たくさんのことばが、残っている。

彼のことばは、甘い囁きではなく、また自分に向けられたものではないものでも、心に響いてきた。

人の弱さ、醜さ、脆さ、優しさ について や、「不可解で理屈では解決できない想い」があるということ。


ぐるぐる廻ってはいないが、いろいろなことを考える。





存在場所

  1. 2011/06/16(木) 22:58:12_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
ここにいればいい

この手の中に・・・


ぎゅっと 握り締めて

離さないから・・・



そんなことばが

頭を過ぎる



刻んだ

刻み込まれた



それでいいはず

それで十分なはず。。。

会議

  1. 2011/06/16(木) 07:16:14_
  2. 未分類
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
今年度は、色々な課題や問題があり、何度も会議が持たれている。
昨夜は、10時過ぎまでかかった。


今日も頑張ろう。。

何も要らない

  1. 2011/06/15(水) 05:45:37_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
何かができるわけではない

何かを与えられるわけでもない

動けるわけでもなく

求めることもしない


必要とされているわけでもなく

不要とさえ思われてもいないのかもしれない



だから・・・

わたしの中でのことばは

一人歩きもしない


彼との未来なんて

何もない・・・


わかっている 以前から。。。


休みの理由

  1. 2011/06/14(火) 22:06:52_
  2. 呟き
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
今日は家族のため。ドライブがてらの遠方への定期診察だった。

今は、1年に一回になっている。

午前中は、内科の薬を別の病院へ貰いに行き、他の用事を済ませて、昼食後に出かけた。

幸い所見は、変化もなく、良い画像だった。

帰宅したのは5時を回っていた。途中買い物をしてからだったが、酷く疲れた。


なぜかな?何となく気分が優れないからかな?


最近、彼と話したい・・と思うことがよくある。

きっと、実際には何も話せないままに終わってしまうだろう。

でも、話がしたい。触れたい・・・などと、思う。



そんなことは有り得ないと知っていて。

雨に濡れて・・・

  1. 2011/06/13(月) 21:07:42_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
仕事が終わり、駐車場の車まで行く間に、通り雨に濡れてしまった。

今日は、モカ(カフェオーレ)色のコットンのチュニック丈のブラウスにオフホワイトのくるぶし丈のパンツだっ

たが、濡れて色が濃くなり、透けそうになってしまったが、すぐに乗車できて良かった。


運転しながら、いつかの雨の夜、一緒に傘に入って歩いた数分間を思い出した。

深夜の駅の閉まった改札口で、後ろから近付いた彼に驚いたこと、階段を降りたこと、車まで歩いたこと・・。

その時の全てを覚えてはいない、別の夜のことと重なってもいる。

もう・・・数年が過ぎている。日付も覚えていない。


しかし、何度か逢った時のことが、甦ってくることがある。

どれも懐かしく、「今」を意識した瞬間で、必要な存在だった。


特別な時間で、新鮮な時間、だった。

ただ流されるのではなく、「意思を持てた時間」で、彼だからそうなれた自分を思い知った時間であった。


自分の中のエネルギーを取り戻せたというか、自分から動けた瞬間の証明だった。 続きを読む

集う

  1. 2011/06/12(日) 09:31:18_
  2. 未分類
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
昨夜は職場の飲み会があった。

今年度は最初。震災のために、歓送迎会も自粛したためだ。
15名で楽しく呑んだ。わたしは、ビールではなく、カクテル?のようなものばかりにした。


焼酎も止めておいた、だからいつもよりは酔わなかった筈だ。

でも、朝、目覚める時は体と頭が重かった。

アルコールのせいではないと思うが、起き上がる時、体が痛かった。

きっとあちこちの筋肉や筋が硬くなってきているのだろうな…(汗)

まぁ、仕方ない。




PCは、また打ち込めなくなった。


どうしたらいいのかなぁ。

アルコール

  1. 2011/06/11(土) 10:08:21_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
昨夜、久しぶりにビールを呑んだ。

350mlの缶を二人で分けて、カップヌードルも半分こ して。

ぐーっと飲み干すと、おいしかった。。


こうした僅かな時間も久しぶりで。穏やかに時が流れた。

続きを読む

金曜日

  1. 2011/06/10(金) 20:50:07_
  2. 未分類
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
一番忙しい日だ。 そして、夜はとても解放感に浸れる。

今週も終わってヤレヤレだ。

気力体力が続くだろうか?と懸念することもあるが、やり遂げたい。


ふと、遥か遠くに居る人のことを

わたし一人で、近くに居るようだ…などと思っていたのだろうか と思った。


わたしは何のために ここまで思ったのだろうか?


そんなことを考えたりする。

力が抜けた

  1. 2011/06/09(木) 23:58:17_
  2. 未分類
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
ふと、思った。

私は自己納得のためにこうしているが、
やはり、必要とされたいと願っていた。

それが自分の存在価値の一つだと思ったから。


でも、わたしは 必要のない存在なのかもしれない、彼にとっては。


何度も考えては、打ち消してきたが、

やはりそうかもしれない…


常識から言うと、そうに違いない。


彼の行為はそう見える。



わたしは見えないものから、真実を導いてきた。


それが、真実だと信じてきた。




わたしは、ただの 愚か者 なのだろうか。

弱さ

  1. 2011/06/08(水) 00:05:52_
  2. 未分類
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
PCは復元しても不調が続いている

今夜は悲しさばかり
自身の弱さが 浮き彫りになる


ぎゅ~っと抱き締めてもらいたい



そうすれば、また元気になれそうだ。

視力

  1. 2011/06/05(日) 18:51:52_
  2. 呟き
  3. _ tb:0
  4. _ comment:2
少しずつ、確実に、視力が落ちてきた。

3年ほど前に眼鏡を換えて、最近見え方にブレがある。

もともと、乱視があるが、それだけではなく、加齢のせいだろう。

昨年、免許の更新時に、条件がついた。人間ドックでも、視力は低下していた。


周りを見回すには今使っているモノで全く支障はないが、眼鏡屋さんに行くと、ついつい見入ってしまう。

先日は、ふちが細くてクロっぽく、横から耳に掛ける部分はセルっぽいような軽い眼鏡を見つけた。

いいなあ。。。と思いながら、クリーニングと歪みを矯正してもらって、店を後にした。


今日運転をしながら、以前の眼鏡を掛けてみた。裸眼と変わらず、もうダテ眼鏡にしかならないと知った。

今のよりも丸いフレームで、もう、似合わない。


昨年の夏、濃いグレーの大きめのサングラスを買った。

そろそろ、新しい眼鏡が欲しいな、でもまだ飽きてはいないけど・・・。

熟成

  1. 2011/06/05(日) 10:28:15_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
機が熟した かどうかは判らない

これで十分ではなく もっと もっと

わたしは未熟だから やっと・・・ここまで辿り着いた


これからも 変わらないだろうと思う

わたしの感覚や あの人への存在感は 変わりようがないと思う


やっと・・・・・ここまで辿り着いた

浅い眠り

  1. 2011/06/05(日) 08:11:39_
  2. 迷い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
何となく、最近眠りが浅いようだ。

夜中に何度か目覚めるようだ・・・。 「ようだ」というのも変な言い方だが。

朝方でも、6時にアラームをセットしているのに、4時半だったり、5時半だったり。

先日は、3時半に、嫌な夢から覚めて、ほっとした・・・。


仕事の気懸かり、ストレスかな?

また明日からはそれなりに熟睡できるよね・・・。


不眠にはならないので大丈夫だ。 続きを読む

ひとりを感じる時

  1. 2011/06/04(土) 19:49:45_
  2. 面影
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
ひとりになりたい時がある

ひとりを感じたい時がある


自分という「個」を意識したい時

彼という「個」を想う。


そんな時には 何だか胸の奥に じわっと広がるものがあって

ふっと 笑顔になれる


わたしは 彼のことばが 本当に好きだ。 続きを読む

一週間

  1. 2011/06/04(土) 11:52:04_
  2. 呟き
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
あれこれと 思い煩うこともあったが、とりあえず収束した。

気持ちに触れて、その背景にあるものに思いを巡らせながら、自分との重なりや、共感できる部分があった。

大人も子どもも同じなんだ・・とつくづく感じた。


ことばを発するとき、その人柄が知れるが、心に響くことばを伝えるには、ただ一生懸命だけでは十分でなく、

伝え方が重要だが、そこにも人柄(人間性)が現われる。


相手を軽んじることなく、認め尊重すること・・・難しいが、そんなことなのかな、と。


「お隣さん」は、そんなことばを伝えられる人だ。

改めてそう思った。

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>



プロフィール

拈華微笑

Author:拈華微笑
自分は何だろう?
だから始めた旅・・・。先のことは分からないが、どこに行き着くのだろう・・・。
普段のわたしが居て、それとはまったく別の女に変わっていく過程での悩みや辛さ、喜びや楽しみ。自身の生き様を綴っていきたい。
いつまで続くのか、きっと女である限り続くのだろうか?

月別アーカイブ

FC2カウンター

« 2011 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード