FC2ブログ

詞華集 (anthology)

時の流れにしたがい、一心に前を向いて生きてきた自分。 ふとしたことから、もう一人の自分を知った。まだまだ、いろいろな自分が潜んでいると感じ始めて・・・。


独りの自由

  1. 2015/08/29(土) 21:44:42_
  2. 呟き
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
あれから三週間が過ぎた。

何と、時間が過ぎるのは早いのだろう。


独りの自由。

いつも気にかけていた存在の不在は

時間に囚われることのない自由と引き換えになった。


自分のための時間。

その時間が多すぎて、今までそんな風に時間を使ったことのないわたしは、

どのように過ごせばいいのだろう・・・ 

そんな風に考えることがある。


思いを馳せる時、涙が潤む。

あの人は、わたしを大切に思ってくれていた。

その思いが、これからのわたしの力となる。


続きを読む
スポンサーサイト




思い、想い・・・

  1. 2015/08/20(木) 22:33:13_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
最近、youtubeで、音楽を聴くことが増えた。

ああ、やっぱり・・・泣いてしまう。



ヘアーカット

  1. 2015/08/20(木) 22:09:42_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
長い髪を切って、スッキリした。

着物を着るために伸ばしていたようなものだったから・・・。

軽くなり、気分転換になった。

今日から仕事に復帰した。


こんなに、動かず、家でじっとしていたのは、何年ぶりだっただろう。

流れる涙の回数も減った。

また、ふとしたことで、思わず流れるかもしれないけれど・・・。


わたしが髪を切って帰宅すると、

「どんな髪型になった?」 「ちょっと、見せてみ。。。」

と言って、見てくれて、「よくなったじゃない~」って。



昨日も、そんな声がきこえるようだった。

  1. 2015/08/15(土) 23:20:22_
  2. 未分類
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
盆の初日は慌ただしかった。

昨日、今日は、静かにゆっくり時間が流れた。


これからは、ひとりの時間が増える。



続きを読む

STAY

  1. 2015/08/14(金) 21:00:03_
  2. 呟き
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0



愛すべき 人と出会い 全てを失って
砂漠のような心に 咲く花を愛と呼ぶ

信じ合う それだけで 道が生まれてゆく
寄り添いあい 傷つけ合い そんな日々ほど愛しい

苦しかったからこそ 笑い合えたね
何も守れないこの腕で 抱きしめた

もう二度と 会えないはずのあなたが
僕の名前を呼んでる

振り返る場所も無い 聴こえたのは きっと
僕の心の中だけ いつも心の中だけ

あの日から 今日までに 僕が無くしたもの
全部あなたの中にあるから 並べながら この道を

あなたが歩いてきてくれたら 僕は
一つづつ 取り戻しながら あの頃の

僕になって もう一度 あなたと生きてみたい
変わり果てた この街のような 心を砂漠に戻して

待ち合わせも 約束も出来ないから
今も この街に居るよ

偶然も 二度目には 運命だよきっと
教えてくれたのは あなた

輝いてた記憶から消えてくのに 微笑みばかりが浮かぶ
あの風が眠ってる 柳の下で 遥かな想いが滲む時

もう二度と 会えないはずのあなたが
僕の名前を呼んでる

振り返る場所も無い 聴こえたのはきっと
僕の心の中だけ いつも心の中だけ

この街の 何処にも
あなたは居ないけど

分かっていても 感じてたい
この花が枯れるまでは 続きを読む

メロディー

  1. 2015/08/14(金) 20:30:06_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
好きだった歌

一緒に歌った歌


上手だったな・・・こんな風に。



2015.8.7

  1. 2015/08/12(水) 17:19:53_
  2. 呟き
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
家族が逝ってしまった・・・。

午後9時半だった。

その日、午前中の処置が影響を与えたのか・・・午後、少し呼吸に変化が起き、夕方から容体が急変。

呼吸状態がどんどん悪くなっていった。始めは時間単位で。

それが、短くなり・・・。

あっという間だった。

詳しく書くのは辛いので・・・・・


意識がぼんやりしていたので、痛みや痒みは数日薄れていたであろう。

呼吸の苦しさはあったが、しっかり目を開いていた。

精一杯頑張ってくれた結果だった。

そのことを労い感謝している。


どうしようもなく寂しく、想うと涙が出てくる。

一昨日、何とか無事に、送り出すことができた。

「しっかり自分の務めを果たさないと。叱られてしまうから。」そんな気持ちで・・。


ありがとう、の感謝の思いで。

三度目

  1. 2015/08/07(金) 07:04:51_
  2. 煩悩
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
三日前から、肝性脳症の症状が表れ、治療をしているが、意識が未だにハッキリしない。

悪くなっている。

唸り声と、薄い眼の開き、言葉は出ず、呼びかけにも反応が乏しい。

それ以外の大きな変化は見られないが、じわじわと値が落ちているらしい。

あれだけ訴えていた、身体の痛みやかゆみを訴えることが見られない。

血中のアンモニア値が高いからだと言われた。

数日前から食事が摂れないので、少しでも栄養が届くようにと、鼻から胃へ、管を挿入することになる。


今までに、何度か、「もう。。いいだろう?」と訴えられたことがあった。

こんな処置をすることが、本人にはどう感じられるのかと考えたが、生きて居てほしいと決めた。

まだ、もう少しはよくなってほしいから。


ごめんね、苦しい思いをさせて。

8月に・・・

  1. 2015/08/01(土) 08:43:17_
  2. 呟き
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
家族は、まだ頑張っている。

その後、酸素量は落ち着いているし、輸血を二本したせいもあるが、貧血も改善されている。

といって、よくなったわけではなく、酷くなっていないというところだ。

黄疸が進んでいるような気がする。皮膚からは滲出液が出ている。それが、とても深刻さを感じさせる。


初盆には帰る、自分がいないと始まらない。

そんな元気が出ているが、実現させることは命取りになりそうだ。

帰らせてあげたいが、無理だろう。

一時的に数時間でも、と思うが・・・。


これで死んでもいい。。と思っているのだろうか?

いや、でも自分の病状の深刻さが判っていないからだろう。


長い間、ベッドの上で天井を見ながらあれこれ考えてきたのだろうな。

自分の生きている理由を自問自答しながら、無意味に思えるような長い時間をやり過ごし、

なぜ、病院に居るのに 身体がだんだん悪くなってきたのだろうという、疑問と憤りを堪えながら。


無理だと知りながら、願いを叶えてあげたい。

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY



プロフィール

拈華微笑

Author:拈華微笑
自分は何だろう?
だから始めた旅・・・。先のことは分からないが、どこに行き着くのだろう・・・。
普段のわたしが居て、それとはまったく別の女に変わっていく過程での悩みや辛さ、喜びや楽しみ。自身の生き様を綴っていきたい。
いつまで続くのか、きっと女である限り続くのだろうか?

月別アーカイブ

FC2カウンター

« 2015 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード