FC2ブログ

詞華集 (anthology)

時の流れにしたがい、一心に前を向いて生きてきた自分。 ふとしたことから、もう一人の自分を知った。まだまだ、いろいろな自分が潜んでいると感じ始めて・・・。


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--_
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現れるもの

  1. 2017/08/22(火) 20:32:57_
  2. 不思議
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
動きを狭め

感覚を妨げ

自由さを封じ込めると

現れるものは 別の姿


本性か

目覚めた別のモノか


どちらにしても 自分自身



続きを読む
スポンサーサイト

9年越しの・・・

  1. 2017/08/20(日) 21:37:50_
  2. _ tb:0
  3. _ comment:0
どこか憧れにも似た想い

わたしよりも年下の落ち着いた人

どこかに二面性を漂わせ、柔らかい中にも「何か」を感じた

ドキッとする気持ちは「恋」だったのか・・・

同僚として、そこから近づいたわけではなかったけれど

似たような慣性も持ち合わせていた、お互いに


相手がどう思っているか、どうすればいいのか、を感じ取っていた

だから、好意を持っていたのかも

決して驕ることなく、自分本位でない人だったから

ファン も多かった・・・


離れて2年半。

久しぶりに仲間で会って 飲んで気分を悪くして横になったわたしを

そばにいて介抱してくれた。

いろいろな話をたくさんした 懐かしいこと わたしのこと

「一緒に話していると、安心するんだなぁ・・・」「そう・・ですか?」


ふと、会話が途切れて 「あ・・こんなことをしてはだめだな・・・」

「えっ?」 「キスしよう・・・」

ちょっと驚いたけど いつかこんなこともあるかも。。と思ったことがあったのだ。

ごく自然に受け止めていた

軽く・・・少しためらいがちに・・・深く

それは、ほんの数分間のことだったと思う。

そして、軽く髪の毛を撫ででくれて、離れた・・・

「ごめんね・・」「いいえ」


相手も、わたしと似たような感情を持っていたのかな。。。

お酒を飲んでいなければ、起きなかったこと

わたしがしんどくならなければ、こうならなかっただろう



大切な思い出にしておこう。。。


夢 だから。。。



一抹の不安・・・その後

  1. 2017/08/19(土) 13:51:31_
  2. 煩悩
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
春に検査をした、胸のエコー検査。

経過観察で、今日、再び左の胸の検査をした。

時間を欠けて、ゆっくり診てもらった。

緊張が続く。


そして、先生の触診で、「しこりは無いね」と。

更に、画像を見せられての説明で、

「前回と全く大きさは変わっていませんね。(あぁ、まだあるんだ・・・)3ミリです。

大丈夫でしょうが、次回は来年の2月にエコーをしましょう。」

「先生、やはり何かはわからないのでしょうか。」

「はい、この大きさでは、細胞を調べるだけの大きさになっていません。もし、ガンであれば、1年もの間

大きくなることはないですから。」と言われた。


ひとまず、安心ということで、少しホッとした。

思いがけない。。

  1. 2017/08/13(日) 18:51:34_
  2. 驚き
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
一泊二日で、家族の所に行ってきた。

車での往復だったので、昨日の復路は疲れた。

思わぬ渋滞もあった上に、夜の運転だとやはり疲れるなあ。

しかも数日前にも、長距離を走っていたから^^;

美味しいものをご馳走してくれて、買い物に行って、ちょっと贅沢をした。


驚いたのは、来月迎える わたしの誕生日をケーキで祝ってくれたこと。

夕食を済ませた時、予め用意してくれていた小さめの丸いケーキに蝋燭と、メッセージの付いたものが

運ばれてきた。もう、びっくりした・・・。


ありがとう^^

元気で居ないとね。。。




居なくなっても。。。

  1. 2017/08/09(水) 19:03:35_
  2. 不思議
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
1か月ぶりに、整体に行った。

いつもよりは辛抱できる状態だったのか、気が付くと日数が経っていた。

施術をしてもらうと、「まあ、ずいぶん歪んでいますなあ・・・」と先生。

腰のツボ?を念入りにされた。

先生は、さほど力を入れてはいないらしいが、痛い!

「うう~っつ」 「く~っ」

思わず、うめき声が出た。

肩の不具合はまだあるので、特に左の凝りやツボを解された時も、痛かった。

でも、お蔭で身体がやわらかくなり、肩がストンと落ちた感じだった。

終わってから、今月、胸の再検査の話をした。

まだ、「ただの水」なのか、腫瘍なのかもわからないのだが。

「うーん・・・」と考えて、

「もう亡くなられていますが、貴女のご家族が『キーマン』です。」

「今夜は一緒にお酒を飲み交わしたらいかがですか?」

「今はもういらっしゃらないわけですが、貴女の魂の中にはいるでしょう?」

「貴女を信頼されていますよ。」


解るような気もしている。


わたしが元気で居られるように 守ってね。。。

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY



プロフィール

拈華微笑

Author:拈華微笑
自分は何だろう?
だから始めた旅・・・。先のことは分からないが、どこに行き着くのだろう・・・。
普段のわたしが居て、それとはまったく別の女に変わっていく過程での悩みや辛さ、喜びや楽しみ。自身の生き様を綴っていきたい。
いつまで続くのか、きっと女である限り続くのだろうか?

月別アーカイブ

FC2カウンター

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。