FC2ブログ
  • 2019_08
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2019_10

詞華集 (anthology)

時の流れにしたがい、一心に前を向いて生きてきた自分。 ふとしたことから、もう一人の自分を知った。まだまだ、いろいろな自分が潜んでいると感じ始めて・・・。


充たされていないこと

  1. 2010/10/30(土) 22:52:45_
  2. ふとした思い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
世間一般の見方からすれば、わたしの日常は充たされていない。

安定もなく、不安を抱え、先も見えない。

こんなことを誰が想像しただろう。もちろんわたしたちも思いもしなかった事態だ。

でも、生きている。生活している。

だから、何の不自由もなく、何かが物足りない・・・という人に対して、自分とは違う世界の人だという感覚を持

っている。もしかしたら、羨ましくもあり、どこかで・・妬ましいのかもしれない。こんなふうに生きなければな

らないことに対しての息苦しさかもしれない。

だが、こんなことが起きなければ、「わたし」が目覚めなかったかもしれない。

今のわたしにはなっていない。


だから、強がりではなく、今のわたしで居られることは、そのことにおいては「充たされている」のだ。

そして、心のどこかで、俯瞰しながら「愉しんでいる自分」が居る。


10年かかって、このように変わったのか、悟ったのか、本当の自分に近付いたからか・・・・?


自分の人生は、定められたものなのだろうから、まだまだ、受け容れて生きなければと思う。

その分、こちらに居るわたしは、もっともっと・・・充たされたいのだ。


彼の存在は、どこか眩しい。

純粋なものがある。


もう、わたしの中には無いものなのかもしれないな・・・・・。

<<独り言   -手紙ー | BLOG TOP | 呟き   ー浅き夢ー>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




プロフィール

拈華微笑

Author:拈華微笑
自分は何だろう?
だから始めた旅・・・。先のことは分からないが、どこに行き着くのだろう・・・。
普段のわたしが居て、それとはまったく別の女に変わっていく過程での悩みや辛さ、喜びや楽しみ。自身の生き様を綴っていきたい。
いつまで続くのか、きっと女である限り続くのだろうか?

月別アーカイブ

FC2カウンター

« 2019 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード